エンタメ

SKE48古畑奈和「選抜に入って、SKE48が変わるきっかけを作りたい」選抜総選挙インタビュー

――今年は選抜に入りたいっていう思いも、「SKE48がピンチ」だという全体の状況を受けてなんですかね? 古畑: そんな感じはしてます。 ――自分のことを優先して考えるのは得意じゃないんですね。 古畑: そうですね、自分のためにやろうと思うと、たぶん性格が悪くなっちゃうと思うんです。それが許せなくて。それは私の好きなアイドルじゃないなって。もともとアイドルが好きだったので、やっぱりそこは真っ直ぐに純粋にいたいじゃないですか。 ――理想のアイドル像を守りたいと。 古畑: はい。それに私ひとりで目立ちたかったら、もうSKE48は辞めて違う道に進んでますよ、きっと。だからこそ、ここにいられることに感謝しているんです。 ――順位という結果を出して、珠理奈さんに近い存在になりたいとは思いますか? 頼もしい先輩はいるけど、今後のSKE48を長い目で見たときに、古畑さんが年齢的にも重要な存在だと思うんですが。 古畑: やっぱり後輩に勢いがないと、グループ全体が盛り上がらないって思います。もちろん先輩の力なくして、ここまでは来れなかった。私も先輩の力をたくさんお借りしているし、ファンの方も先輩を推していて、そこから私もって人は多いです。ずっとSKE48の魅力を伝えてきてくれたのは、先輩だから本当に頭が上がらない。でも、これからのSKE48を考えたときに、後輩の勢いがないとダメだなって。今、先輩が支えてくれていますが、もし先輩の力を借りれない日が来たときに、また不安になる。同じ繰り返しはしたくないので、今、力をつけておきたい。もう大丈夫だねって言えるようなメンバーでありたいんです。先輩と張り合っていけるメンバーでありたい。こんなピンチでチャンス、なかなかめぐりあえませんよね。運命を変えるのは今。ここが大切なきっかけだと思うんです。 ――いろんな人に古畑さんも選抜に入ったし、SKE48の勢いは衰えてないねって思って欲しいってことですね。 古畑: そうですね。選抜に入って、SKE48の何かが変わるきっかけにできれば。卒業されたメンバーがたくさんいて、不安に感じているメンバーや応援してくださっている方はいると思うんです。でも、こういうときこと立ち上がって強気に前向きに進むのがSKE48だと思います。いいきっかけ作りができないかって考えたら、自分にできるのはここで結果を出すことだと思ったんです。 ――古畑さんも変わって、グループ全体を変えていきたいってことですね。 古畑: そうやって思っているのは、私1人だけじゃないと思うので、SKE48みんなで支え合っていけたらなっていうのはありますね。私も含め後輩メンバーが下から這い上がることでグループも少しは活気づくと思いますし、まだ大丈夫、ここが始まりだって思えるようになるとも思うので。 ――今後、SKE48をどうしていきたいとか、どうなっていきたいと思っていますか。 古畑: まず、みんなでどこを目指すかっていう目標を決めたいです。以前は、紅白を目指してとか、名古屋ドームって目標があったけど、今、みんなはどう思っているんだろう。ただ、目の前のことをしっかりやらないと目標も叶えられない。ミュージカルだったらそれを成功させる、新しく変わった劇場公演を盛り上げる、そういう小さく思われがちだけど、私たちにとってきっかけになりそうな出来事を大事にしながら、新たな目標に向かっていきたいです。 ――日々の積み重ねが大事ってことですね。 古畑: やっぱり基本があってのSKE48なので、あとは個人のお仕事とか自分が力を出せる場所で、どうアピールしてどう輝くか、ひとつひとつのお仕事をもう一度見直して丁寧にやっていくっていうことも大事だなって思います。お仕事をする方との人間関係も大事。そこから、SKE48ってこんなふうに思っているんだ、こういうコがいるんだって見つけてもらえることもたくさんあると思うんです。関わってくださること自体がありがたいことで、その方達がいなかったら私たちも動けない。そういう出会いも大事にしつつ、もっと外の世界に飛び出して、いかに自分たちの考えが浅いかっていうのを、もう少し知っていけたらいいなって思いますね。なかなか外に出る機会もないので。やっぱり私たちは48グループっていう守られた世界にしかいないので。
次のページ 
「外でのお仕事でも、握手会でも、全部本気で…」
1
2
3
週刊SPA!6/21号(6/14発売)

表紙の人/ 渡辺麻友

アマゾンほかコンビニ等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事