エンタメ

SKE48北川綾巴「みなさんの期待に応えられないのが一番怖い」――世界選抜総選挙・速報発表後インタビュー

 「AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙」が6月16日に迫ってきた。今回、速報33位と自身最高のスタートをきった北川綾巴。彼女はSKE48のシングル選抜常連で、チームSのリーダーも務めている。だが、いままでの順位を見ると、最高位は64位、速報でも2年前に獲得した55位。正直なところ選抜総選挙では満足のいく結果が出ていない。そんななか、彼女に今年の選抜総選挙にかける思いを速報発表後に聞いた。

北川綾巴

――33位で呼ばれたとき、跳びはねていたのが印象的でした。

綾巴:自分の中では最高位なので、やっぱり嬉しかったんです。それに、周りからの反応も嬉しかったですね。今までは総選挙で「やった!」って思ってもらえなかったんですけど、今年はマネージャーさんも家族も関係者の方も、たくさん言葉をかけてくれたし、自分のことのように喜んでくれる方も多かったので、余計に感慨深い。今のところは毎日ハッピー。浮かれてます。浮かれるなら今しかないから。

――いつもよりテンションも高めですね。

綾巴:うふふ。最近元気なんですよ(笑)。

――とはいえ、そうこうしているうちに本番はやってきます。それまでに、自分なりにやっておきたいことってありますか?

綾巴:今までは、結果が出ない申し訳なさとかで、ガツガツアピールできなかったんです。でも、今回は思っている気持ちを全部さらけ出して。嘘偽りのない本心を出していきたいと思っています。

――ガツガツ行こうと。それは、綾巴さんのなかで心境の変化があった?

綾巴:というより、ファンのみなさんと「悔いなくやろう」って決めているからですね。やっぱりSKE48の10周年イヤーだし、総選挙の開催地はナゴヤドームだし。

――SKE48としては思い入れが違う。

綾巴:はい。だから行けるところまで行きたくて! ファンの方のお尻を叩きまくってます。ペチペチ。

――というと、実際にはどういうことを?

綾巴:不安な気持ちを、ありのままに書いて伝えています。そうすると、温かい言葉でこたえてくれるので。あとは、本番までに直接話せる機会(握手会など)があるから、そこでも気持ちをまっすぐ伝えたいと思ってます。ファンの方が話しかけてくるのをぶった切るくらいの勢いで(笑)!

次のページ 
ランクダウンしてしまう不安

1
2




おすすめ記事