ニュース

スカイツリー移行でテレビが映らない地域がある?

東京スカイツリー11年7月24日、被災地を除く地域で、地デジへの移行が無事に完了した。しかし、“地デジ問題”は残っているという。ITジャーナリストの一条真人氏は指摘する。

「12年、地デジの電波送信所が東京タワーからスカイツリーに変わります。すると、今のままではテレビが映らない地域が出る可能性があるんです」

家庭に設置している地デジのアンテナには指向性があり、電波が来る角度が変わると今まで通りには受信できない。その結果、両タワーの周辺地域では、テレビが見られなくなるかも……というのだ。

「特に、両タワーの直線上では、電波の出どころが180度変わる。アンテナの向きを今までとは反対側に変えないと、テレビが映らなくなるかもしれません。そうなれば、アンテナの向きを変える工事が必要になってきます。問題が顕在化すれば、11年の地デジ化直前のように、工事依頼が殺到するでしょう。都心に住んでいる人は、あらかじめ電気屋さんに相談しておくことをおすすめします。もちろん、経費は自腹ですが……」

スカイツリーからは非常に強い電波が発信されるため、影響はないとする見方もある。ただ、急にテレビが映らなくなっても困りもの。いずれにせよ、早めに確認をしておいたほうがよさそうだ。

― やっぱり[2012年問題]がやって来た【1】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事