デジタル

自転車、布団までもがネットに繋がる時代!? 「IoTプロダクツ」最新事情

 あらゆる物がインターネットと接続し、ユーザーの生活向上を目指すのが「IoT(Internet of Things)」。そんなIoTをまとった、新発想のプロダクツが誕生している。これまで考えられなかったようなモノが、ネットに接続され始めているのだ。享受できるサービスの進化は日進月歩の勢いだ。

自転車の挙動を細かく記録。走行パフォーマンスを向上させる


CEREVO/XON ORBITREC

CEREVO/XON ORBITREC

 「オービトレック」は、加速度や角速度、地磁気のほか、温度や気圧などのセンサーを搭載したロードバイク。多彩なセンサーやGPSを内蔵することで、走行中の自転車の挙動を細かく記録。走った場所ごとに、どんな動きをしていたかを、スマホの専用アプリでチェックできる。第三者視点で自分の状態を把握可能で、より効率的で正しい動きの実現につながり、パフォーマンスを上げられる。

 フルオーダーフレームのオービトレックは、今夏の発売を目指して開発中。だが、このセンサー類だけを抽出したサイクリングログセンサー「RIDE-1」は、既に購入可能。今使っている愛車に取り付けることができる。

【CEREVO/XON ORBITREC】
内蔵センサーが、走行中の速度や傾き、衝撃などのデータを取得するオーダーメイドフレーム。GPSのログと組み合わせて、スマホや専用クラウドサービスにデータ転送する仕組みだ

予想価格:7000ドル以下
発売時期:今夏を予定
通信:Bluetooth、ANT+、無線LAN
フレーム素材:チタニウム、カーボン、ファイバーチューブ

CEREVO/XON ORBITREC
次のページ 
睡眠環境を最適化しつつ健康状態までチェック可能

1
2
3





おすすめ記事