エンタメ

AI関連企業の社長さんから「経営アドバイス」をもらってきた【現役グラドル経営者・手束真知子】

ミスマガジン2004、SKE48/SDN48の元メンバーという経歴を持ち、今は現役グラビアアイドルとして活動しながら、グラドルたちが働くカフェの経営者でもある手束真知子。そんな“二足のわらじ”をはく彼女だから語れる「フリーランスアイドル論」とは……?

どうしたら経営するお店がもっとよくなるの?


手束真知子 グラビアアイドルをやりながらも経営者になってもうすぐ2年になります! いろいろ試行錯誤しながら経営するお店「発掘!グラドル文化祭」を続けてきた私ですが、やはりそこは波の激しい飲食業。いいときもあれば悪いときもあって……正直「このままではダメだ!」と思うことも少なくありません。

 お店をもっとよくするにはどうすればいいのか。もっとお客さんに来てもらうにはどうすればいいのか。一人で悩んでも、答えなんて出ないんですよね……。

 そんなときに、先輩経営者のAさんとお会いしました。もともと知り合いの方だったんですが、ちゃんとお話をしたことはなくて、改めて聞いてみたら人工知能(AI)関連のお仕事をしているらしいのです。

 「AIがもたらす未来の教育」をテーマに会社を経営されているAさんですが、なんと私と同じ31歳。AIの未来教育とグラビアアイドルってものすごくかけ離れたものなのだけど、なんか融合できたらなにか面白いものが生まれるかも! せっかくなので「もっとお店をよくするにはどうしたらいいと思いますか?」と聞いてみたんです。

「グラドル文化祭」にもVRを導入すべき?


⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1325728

手束真知子「2045年には人工知能が人間を超えるって言われていますよね。だからこの未来のことを子供たちに伝えたくて今の会社を立ち上げたんです」と話すAさん。人工知能の開発スピードに追い付くには今の教育では遅くて、時間のない小学生たちに効率のいい勉強教材を開発して世に普及させているそうです。

 う~ん……すごい! 当たり前だけどグラビアアイドルとは比べ物にならないくらい頭を使う仕事です! いきなりハードルの高いところに行き過ぎたかなぁ、と怯みかけました。でも、ここは頑張ってなにか必ずヒントを得て、自分の経営(お店)に生かしたいと思います。

 Aさんの会社は常に「未来のこと」を意識しているそうです。その未来の要になるのが「VR」「3Dプリンター」「ドローン」の3つ。「今の小学生はこれらに触れた勉強をすることによって将来有力な人材になれる」とおっしゃっていて、実際に教育プログラムの映像も見せてもらいました。

 それは「自分たちで花火を作って打ち上げて、それをドローンで撮影し、VRで見る」という内容。映像の中の子供たちはとっても楽しそうに人工知能に触れてイキイキと学んでる。

次のページ 
「発掘!グラドル文化祭」でもVR撮影を導入したら?

1
2




おすすめ記事