エンタメ

アイドルのギャランティ未払い問題は泣き寝入りするしかない!?【現役グラドル経営者・手束真知子】

 ミスマガジン2004、SKE48/SDN48の元メンバーという経歴を持ち、今は現役グラビアアイドルとして活動しながら、グラドルたちが働くカフェの経営者でもある手束真知子。そんな“二足のわらじ”をはく彼女だから語れる「フリーランスアイドル論」とは……?

少ない給料……なのにギャランティの未払いが!


手束真知子 アイドルはキラキラしているように見えるといわれることが多いです。でも実際はお金も仕事もなく、昼間は社員として働いていたりアルバイトをしたりギャラのいい撮影会やオフ会をして生計を立てていることが多いんですよね。

 フリーランスのアイドルの場合は守ってくれるマネージャーがいないのですべて自分で管理しなければならないので余計に大変で……

・仕事内容が聞いていたものと違った。
・なぜかお金を請求された。
・支払われるはずのギャランティが支払われない。

 なんてトラブルも起きやすいのです。

 先日も地下アイドルユニットの元メンバーがTwitterでギャランティの未払いを告発し、たったひとりで運営と戦っているというニュースが出ましたよね。

 そもそも、地下アイドルのユニット活動は基本的に固定給がゼロのところがほとんどで、レッスンをしてアイドルライブに出て、ファンをつけてから物販でツーショットチェキ(1枚1000円くらい)を売る。それで、そのチェキの売り上げだけがアイドル本人たちのギャランティになるのですが……。チェキ1枚売って500円ギャランティとしてもらえるのはまだいいほうで、駆け出しのアイドルや若いアイドルは1枚で50円や100円しかもらえないことが多いようです。

 それなのに、その少ないギャランティさえ支払われない。

 この《ギャランティの未払いトラブル》は私の周りでも起こっていて、いろんな女の子から相談を受けるんです。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1304645

手束真知子
次のページ 
これまでにあったギャランティ未払い事例

1
2
3
全力! フリーガール

「フリーランスで戦うグラドル」の全力な姿は必見!




おすすめ記事