デジタル

画像“整形”に失敗して晒された悲惨な女性たち

SNSのプロフィール写真や出会い系サイトで自分の姿をよく見せるため、写真をフォトショップなどのレタッチソフトで修正する人は少なくない。最近では専用ソフトも出現しており、携帯上で編集できるなどより手軽に修正できるようになった。

とくに女性の場合、色調や明暗をいじったり、肌をなめらかに見えるように修正するのはごく普通の行為だ。中には腰や胸、腕を遅く見せようと、高価なレタッチソフトと貴重な時間を費やして微調整する人たちもいる。

こうした現象は海外でも同じようで、ネット上には修正した痕跡が残ってしまったため、晒されてしまう人たちが後を絶たない。

◆スリムなお腹にしたかったのはわかるけどね
【拡大画像】⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=134243
修正ミス画像

◆ありえないくらいウエストを絞ってしまった女性
【拡大画像】⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=134245
修正ミス画像

◆「巨乳じゃないと男にモテないの……」
【拡大画像】⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=134247
修正ミス画像

◆タンクトップの下の部分が不自然です……
【拡大画像】⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=134250
修正ミス画像

◆腰とお腹を細く見せようと修正しては見たが…心霊写真かよ!
【拡大画像】⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=134253
修正ミス画像
紹介したように、海外の女性は腰やお腹を細くし、おっぱいを大きく修正する人が多いようだ。しかし、高価なレタッチソフトを使ったところで、修正するのは素人。バレる確率は高くなるので要注意だ。<文/日刊SPA!取材班 写真/EgoTV




おすすめ記事