マネー

港区女子も見習うべき! タイのお金持ちマダムが愛用する男性用高級腕時計

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。最近、「好きな女優は?」とよく聞かれるのですが、私は若尾文子さんが好きです。『青空娘』と『浮草』を見たら、今の20代の人でも若尾さんに惚れると思います。

『青空娘』

 さて、街にもきれいな女性がたくさんいますが、10年ほど前まで彼女らは20万円程度のルイヴィトンの鞄を持っているのが定番でした。しかし、2010年前後より「ブランドは嫌」という女性が増え、ブランド品を持った女性は以前よりも少なくなったように感じます。実際、渋谷などの繁華街を見てみても、ルイヴィトンだとひと目で分かる柄の鞄を持っている人はあまり見かけません。しかし、その一方で「港区在住」といったような女性が愛用しているのが、バーキンを筆頭とした100万円級のエルメスの数々です。

 彼女たちが選択する高級品には、バーキンだけでなく様々な代名詞的存在があるのです。クルマといえば、こぞってメルセデス・ベンツのGクラス(通称ゲレンデ)。また、靴はクリスチャン・ルブタンと決まっています。ですから、“バーキン、ルブタン、ゲレンデ”といえば、港区エリアにおける現代の三種の神器なのです。

 しかし、そんな港区女子&マダムにおいて、唯一ブランドが定まっていないのが腕時計。彼女らが選択する腕時計の“バーキン的”存在は、まだ定まっていないのです。20年ほど前から、女子高生までもがルイヴィトンを持っていて世界的にブランド愛用先進国だった日本ですが、女性用腕時計においてはまだまだでしょう。しかし世界を見渡せば、日本よりも進化した国が存在するのです。それが、タイのお金持ちマダムの腕時計の選択です。

 日本の女性が、今でも「特にコレ!」という腕時計像を持っていないなか、タイの女性たちは明らかに「コレがいい!」という腕時計像を示しています。その時計像こそ、男性用として人気の高いパテックフィリップです。

 バーキンを色違いでいくつも持ち、世界中を旅行する姿をインスタにアップするタイの女性たち。彼女らの選択として目にするのが、ノーチラス、アクアノート、ワールドタイムといったパテックフィリップのモデルです。

 パテックフィリップにはTwenty-4という女性向けのモデルがあるのですが、そちらを選択しているタイの女性は一人も見たことがありません。彼女らの選択は、男性用モデルをそのまま付けるか、男性用として人気の高いモデルの女性用なのです。

 特に目にする傾向が高いのが、アクアノートの5067A-024というモデル。

アクアノート5067A-024

 アクアノートの女性用モデルは90年代から存在し、2000年に高橋尚子さんが国民栄誉賞を受賞した際に授与された時計としても有名です。しかし、日本でアクアノートが人気となったのは2000年代中盤以降ですし、現在でも男性からの支持が圧倒的という傾向があります。2000年の時点で国民栄誉賞の副賞としてアクアノートが選ばれたという通り、『女性+アクアノート』という選択は日本が先進的だったはずなのに、日本の女性からは人気があまりないというのが残念な点。今では、タイのほうが先行している状況です。

 次に目にするのがノーチラスの5711/1A-010

ノーチラス5711/1A-010

 この時計、以前の記事「2017年値上がりランキング」でも1位に輝いたように、男性から今とても人気の高い時計です。正規店では新品が手に入りづらく、その入手難易度はiPhone Xとは比べ物にならないほど高いといえるでしょう。現在は中古価格が新品の正規店価格より100万円程度高いプレミア価格状態。この時計は男性用モデルであり、男性からの人気が高い時計ですが、それを愛用するタイの女性は先進的といえます。女性用の腕時計において、バーキンのような存在はありません。しかし、男性用の腕時計だとノーチラスやデイトナといった人気モデルの代名詞的存在がいくつもあるのです。よって、各アイテムの代名詞的存在を選択すると、“バーキンとノーチラス”という組み合わせはごく自然な選択肢だといえるのです。

次のページ 
タイのお金持ちマダムが愛用する時計の傾向とは?

1
2
もう新品は買うな!

もう大量消費、大量生産で無駄遣いをするのはやめよう





おすすめ記事