お金

港区女子も見習うべき! タイのお金持ちマダムが愛用する男性用高級腕時計

 そして最後が、ワールドタイムの7130Gというモデルです。

ワールドタイム7130G

 ワールドタイムという時計は、1950年代頃までに少数生産された幻のモデルでしたが、2000年に通常モデルとして復活。ワールドタイムといえば、今でも男性用モデルという印象が強い腕時計で、復活当初は男性用しか存在しませんでした。しかし、近年は女性用のワールドタイムが登場し、タイの女性からは支持されています。  タイのお金持ちマダムが愛用する時計の傾向として、最も強く感じるのが「スター的存在」を選択しているという点。スター的存在は、靴ではルブタン、鞄ではバーキンという存在があるのに対し、女性用腕時計の世界には不在です。一方、男性用腕時計には様々なスターが存在。ですから、タイのマダムたちは、男性用腕時計のスター的存在を選択し、それを見事に着けこなしているのです。 ということで日本においても、港区エリアにおける現代の三種の神器、“バーキン、ルブタン、ゲレンデ”にパテックフィリップが加わる日はそう遠くないかもしれません。1986年生まれ。日本初の腕時計投資家として、「腕時計投資新聞」で執筆。お金を使わず贅沢する「ドケチ快適」のプロ。腕時計は買った値段より高く売却、ロールスロイスは実質10万円で購入。著書に『腕時計投資のすすめ』(イカロス出版)と『もう新品は買うな!』がある

もう新品は買うな!

もう大量消費、大量生産で無駄遣いをするのはやめよう

1
2
もう新品は買うな!

もう大量消費、大量生産で無駄遣いをするのはやめよう

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事