雑学

カメムシを生で食べるとおいしい…メキシコでは常識!?

kame

※写真のカメムシは「ジュマイル」ではありません

メキシコでは常識? カメムシを食うと“トぶ”


 メキシコのカメムシは「ジュマイル」という地元特産の種類で古くから親しまれている嗜好品として、生食する地域がいくつかある。

「地元の若い男性が、カメムシを生ですごくおいしそうに食べていました。そこで自分も思い切って同じカメムシを噛んだ瞬間、無数の花が満開になったようなバラ色の気分になり、一瞬にして意識が覚醒しました」(某バックパッカー)

 カメムシといえば独特のあの青臭さだが、臭いの主成分は「トランス-2-ヘキセナール」という、生物には有害な物質。最近では抗疲労効果が発見され薬用とされている。

 メキシコのゲレロ州ではドラッグ代わりに食されてきた歴史からも、何らかの作用があることは確かだろうが、昆虫食の人体への影響は、世界的にほとんど研究されていないのが現状。日本のカメムシで安易にマネるのは危険だ。

― 今どうなっている? 気になる疑問を調べてみた ―





おすすめ記事