雑学

「道端に生える雑草」で合法トリップできる噂は本当か? 毒性、副作用も合わせて検証してみた

 野草、チーズスパイスVR……決して安全なものだけではないが、限りなく“合法的な手段”だけでハイになるとういう噂の方法を検証。その中に、良くも悪くも本当にトリップできるものはあるのか確かめてみた。

※専門家のもとで実験しています。絶対にマネをしないでください

アヘンの代用品だった雑草。トリップの代償は……!?


草原

※写真はイメージです

 春に黄色い花を咲かせるケシ科の植物・クサノオウ。古くから皮膚病の薬として重宝されており、かつてはアヘンの代用品として嗜好されていた植物だ。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1331803

クサノオウ

クサノオウ

「道端にも生えている珍しくない雑草」という情報をキャッチしたものの、なかなか見つからない。半日かけて探し、緑豊かなことで有名な某公園でやっと発見することができた。花見客で賑わう夕方、ベンチに腰掛け、パイプに葉を詰めてマッチで火をつける。

 吸った直後は、草の生臭さが口の中に広がり、不快感を覚えるも、肺に入れた直後に、ふーっと全身の力が抜けた。時間の流れをゆったりと感じ、雲の動きを目で追うのがとても心地よい。今までに経験したことがないリラックス状態に陥った。だが、ふと目線を落とすと、自分の口から垂れたよだれが太ももに溜まっている。そこで自分が完全に“キマった”状態であることを悟った。

 そして効用が切れた直後、急激な吐き気に襲われ、その場でおう吐。2時間後、やっと落ち着いたかと思いきや、突然、左のふくらはぎに痺れが表れ、10分ほど全く歩けない状態に。

 かつては民間療法でも使われたが、毒性が強いため今は使われていない。煙を吸うだけでも有毒らしい。

 絶対に使用しないほうがよさそうだ。

次のページ 
料理用のローズマリーでリラックスと興奮を行き来

1
2





おすすめ記事