雑学

年収900万円の50代“給料泥棒”社員、定時退社で会食の日々

給料泥棒、ガハハおじさん、名誉副部長etc.存在自体が目障りな50代社員はどの会社にもいるが、彼らとて望んで“負け組”になったわけではない。負け組50代の主張と打算に耳を傾けつつ、誰もが通る“加齢”の恐怖にどう抗うか、その中から学んでいこうではないか。

出世は諦めても高給取り。定時退社で会食の日々……

…深浦忠男さん(仮名・57歳)リース会社/年収900万円/勤続35年

負け組50代の背中「会社にいる50代同期の大半は僕より収入が上です。正直、やってられない……ですよ」

 取材に指定してきたのは平日の午後5時。言葉は自虐的ながらも、口元をゆるませてそう語る深浦さん。大手総合リース会社の社員で、現在は医療部門の子会社に出向し、総務・人事の専任マネジャー(部長クラス)を務めている。年収は約900万円だ。

「収入は5年前から頭打ちですけどね。会社の厳しい台所事情は重々承知していますし、ベースアップも望まず、粛々と働いております。同世代でも本社の部長クラスであれば、1500万円は貰っているはずですよ」

 この3年ほど、決算月以外はほぼ残業なく定時に帰る日々。会社に余裕はないというが、本人の仕事ぶりに焦りは見られない。

「この年になると、現場で長く働くなんて無駄なことはしません。私が現場にクビを突っ込んだら、若い世代が育たなくなります。責任者としては、優秀な取引先やコンサルタントを、これまでの経験を生かして、どう見つけてくるかが大事だと思っています」

 それは丸投げとどう違うのか。

「まるで違いますね。実際に会食やゴルフを通じて人となりを判断したり、若手社員との交流の場を率先的に仕切ったりするのは私の役割ですから」

 話を聞く限り、無駄に経費を使い、無駄に管理職のポストを埋めてしまう、ただの宴会おじさんにも見えるが……。即刻退場していただいたほうが、下の世代のためだと思われる。

撮影/渡辺秀之 モデル/北岡 寛
― 負け組50代の背中 ―




おすすめ記事