お金

漫画化決定で舞い上がる、仮想通貨盗まれた男――「お金0.0」ビットコイン盗まレーター日記〈第15回〉

―[「お金0.0」]―
 約1000万円近い仮想通貨を盗まれた出野達也(23歳)。批判だらけながらも始まった当連載。その反響に一喜一憂する間もなく連れて行かれた高級バーで、A、Bに続く大物起業家・井戸実と遭遇、そして漫画化が決定した。ンフフ…やっぱり僕って“もってる男”!? 「お金0.0」、連載15回目。予想どおり調子に乗り始めた出野にお説教をする回です。 仮想通貨で1000万円稼いだ若者を襲った悲劇のお話第15回 ハッピーターン ——-先週からのつづき 井戸実「で、オマエ、どこ住んでんの?」 僕「新宿です!!!事故物件に住んでます!!!」 井「マジで!!!!」 A「持ってるデショウ」 B「うん。持ってる」 僕「でも、別にあれですよ。事故物件だからって、特になにも起きませんよ。」 井AB 「起きてんじゃねーか!!!」 3人に言われて気づいた。そうだった。全財産なくなったわ。 B「でもあれだよね。それがあったからこそ、いまこうやって良い時間が過ごせているわけだし、自分でちょっと儲けただけだったとしたら、使っちゃっておわりだったかもね」 A「そうそう」 僕「はい…そこはまだ乗りこなせてませんが、本当に感謝しています」 ママ「いらっしゃいませ~、あら、ずいぶんお若いのね。手伝ってもらっちゃってるけどいいの?」 A「うん。さ、達也、ママさんに自己紹介」 僕「はい!ビットコイン盗まレーターの出野達也です!!!」 マ「え……」 A「あー、ヒイちゃった。50cmあとずさりした」 マ「いや、その、そんなことないですよ。近づきます」 (ススス…) A「じゃあ達也、握手してもらいなさい」 僕「はい!!!!」 マ「いえ、それはちょっと…」 (スススス…) ママさんすいません。気持ちはわかります。 井「どこ住んでんの?」 僕「しんじゅく!です!!!!!」 A「ゲラゲラ」 B「いどちゃんは忘れっぽいんだよねー」 A「そうだ、さっきBさんと話してて、達也の連載、漫画化が決まったから」 僕「え!!!???」 B「うん。とても面白いものになりそうなので、これから漫画家さんを探します。がんばってね」 僕「ありがとうございます!!!!がんばります!!!」 ――― ―― ― 井「がんばるんじゃねぇよぉ…お前みたいのが頑張るとロクなことねぇぞぉ…」 僕「はい?」 井「ンゴー」 A「寝たね」 B「寝ましたね」 起業家は、会話の途中で、寝る。 A「で、マンガになる話だけれども、Bさんからおねがいします」 B「はい。ちょうどこちらの方が連載を終えたところで、担当を通じて打診してみたところ興味を持っていただけたので、一度打ち合わせができればと」 僕「いつでも空いてます!!!」 B「了解です。家、新宿だよね? たぶんすごく近いから、顔合わせの日程調整するのでこんど会社に来て下さい」 僕「わかりました!」 井「ンゴー」 ——– —— —
次のページ 
ミーティング当日
1
2

なんと「お金0.0 / ビットコイン盗まレーター日記」の、漫画化が決定しました!

マンガアプリ「GANMA!」にて、週刊連載が開始しました!
閲覧無料。毎週金曜日0時に更新されます。
記事とは違った「お金0.0を是非お楽しみください!」

【アプリ情報】
GANMA! - オリジナル漫画が制限ナシで読み放題
■公式サイト:http://ganma.jp/
■対応OS:iOS、Android、PCブラウザ
■料金:閲覧無料 / プレミアム会員は月額300円~

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事