ライフ

大人の男性がショートパンツをはくなら…「主張しない」着こなしのルール

 ショートパンツの欠点は、意図していなくても、脚の露出してしまう部分がフォーカルポイント、つまり最も目を引くポイントになってしまうことですから、その欠点をカバーするためにフォーカルポイントを分散させ、なるべく脚の露出部分に他人の視線がいかないようにする、そのテクニックこそが、コレクションで発表する意義と言えるのです。これがただTシャツを合わせただけでは芸がありません。  このテクニックを日常的に使うために、まずは、他人の視線が集中しないような、目立たない色、ゆったりしたシルエット、脚が露出しすぎない丈のショートパンツを選びましょう。素材選びも、はいたら下半身のラインがすぐわかってしまうような薄い素材や、カットソーのようなニット素材は避けましょう。ある程度厚さがあり、張りのある素材がいいでしょう。

上下に視線を分散しよう

 トップスは視線がいくようなデザイン性のあるものか、ロゴプリントやポケットなどのワンポイントがあるものがいいでしょう。このルックではペンダントをしてより視線を上のほうへ誘っていますが、ペンダントなどしなくても、例えばボディバッグを斜めがけしたのでもいいでしょう。アクセサリーをするかどうかは全体のバランスを見て決めましょう。
ショートパンツ

WEARより

 足元も人目を引くようなデザインのスニーカーやサンダル、または柄物のソックスを合わせればいいでしょう。目的は下半身が目立たないことなので、それが達成できるのなら、どのようなものでも構いません。  最後に全身をチェックして、とにかく下半身に目がいかない、目立たないと思えたらそれでOK。すれ違った人も、ことさら露出した脚に注目しないでしょうし、ボトムスがどんな色で形だったかまで、しっかり記憶されることもないでしょう。  男性のショートパンツの着こなしのポイントは、さりげなく、目立たず、主張しないことです。この3つのポイントを忘れずにショートパンツを楽しんでください。 小林直子ファッション・ブロガー。大手ブランドのパターンナー、大手アパレルの企画室を経て独立。現在、ファッション・レッスンなどの開催や、ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』などで活躍中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』は発売即重版に。新刊『お金をかけずにシックなおしゃれ 21世紀のチープシック』が発売中
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事