デジタル

Nintendo Switchに『moon』スタッフによるシューティングが登場。少女は厄災をもたらす黒い鳥になった…

ゲームコラムニスト・卯月鮎の絶対夢中★ゲーム&アプリ週報


ゲームコラムニスト・卯月鮎

卯月鮎

『BLACK BIRD』
Nintendo Switch、PC(STEAM)/オニオンゲームス/Nintendo Switch版1980円/Nintendo Switch版発売中、STEAM版 近日発売予定

 PS1時代の伝説的ゲームといえば『moon』が真っ先に思い浮かびます。RPG風世界でありながらアンチRPGという内容。何語ともつかないモゴモゴとした言語を話すキャラ。いつまでも耳に残るBGM。どの部分をとっても尖っていました。

 その『moon』のゲームデザインを手がけた木村祥朗氏とキャラクターデザインを担当した倉島一幸氏が立ち上げたインディーゲームスタジオがオニオンゲームス。これまでスマホゲーム『勇者ヤマダくん』『Million Onion Hotel』をリリースしてきましたが、今回はNintendo Switchで新作『BLACK BIRD』の配信が始まりました(10月18日より配信)。

『BLACK BIRD』

 今年5月に行われたインディーゲームの祭典「BitSummit Volume 6」で、先行して大賞に当たる「バーミリオンゲート賞」と「エクセレンスインサウンド賞」を受賞するなど前評判の高かった本作。ジャンルは、呪われた黒い鳥を操って王国を破壊していくというダークなシューティングになっています。

次のページ 
オペラ曲とのシンクロがスゴい!

1
2





おすすめ記事