お金

大当たり直撃、永久連チャン……サラリーマンでもできた平成のパチンコ攻略史を振り返る

大当たりを直撃させ、永久に連チャンさせる攻略法も

 平成時代になるとパチンコの規則改正によって、デジパチの大当り出玉が少なくなってしまいます。とはいっても、今の機種に比べると十分に多いんですが……。その影響からか連チャン機と呼ばれる、大当り後に連続して大当りさせるようなプログラムを意図的に仕込んだ機種が主流になります。  ただ意図的とはいっても規則で認められたものではなく、遊技機をホールでの営業に供するために必要な型式試験では連チャンせず、しかしホールで営業する際には連チャンするという相反するプログラムを仕組まなければならないわけで……。そのためにいろいろな裏技的な要素が用いられ、そしてその裏技が隙として攻略法にもなったということなのであります。  隙を突いた攻略法は主に連チャンを促進するというもので、昭和時代の大当り直撃ほどのインパクトはないものの、機種によっては永久連チャンもできたりするなど、その効果は絶大だったのであります。  まず平成に入って話題になったのは、強力な数珠つなぎ連チャン機として人気を博した『ブラボーキングダム』。連チャンシステムは乱数のグループ化で、当たり乱数があるグループに滞在し続ける限り連チャンも続くというもの。グループ移行条件は保留3つ以上でのリーチとなっているため、大当りしたら保留2個以下をキープし続ければひたすら連チャンし続けてくれるという仕組み。検定試験の際にはヘソをガバ開きにしておけばグループ移行が頻繁に起こるために連チャンしなくなり、逆にホールの適度に回らない調整だと一定のグループに滞在しやすくなるため連チャンするというわけです。
 攻略法使用時には保留2個以下をキープするため、マージンをとって単発回しが推奨されましたが、そんなことをすればバレバレ。なおかつ攻略誌にも大々的に掲載されたためホール側の監視の目は厳しく、なかにはサービスと称して大当り後に保留を満タンにするという対策も。早くから知っていた人はかなり稼げたと思いますが、筆者レベルではそれほどオイシイ思いはできませんでした。  この早くから知っていたというのが極めて大事で、攻略プロというのは情報ルートこそが生命線。かつては実機を素早く入手し独自に解析、そこから攻略法を見つけ出して販売する攻略会社というものもあり、効果によって何十万円、何百万円という価格で情報が取引されることもありました。この本物の情報をいち早く仕入れ、一般のファンが知る前に抜き倒すのが攻略プロというもの。筆者も知り合いにいたりしましたが、いくら打ち解けても情報だけは絶対に流さないという雰囲気があったりしたものです。攻略誌としても解析をしたり、さまざまなルートで情報を集めてはいたものの、なかなか攻略会社や攻略プロに先んじることはできなかったのであります。  そんななか、誰もが知るプロ集団が現れます。その話は近日公開予定。25年のキャリアを持つパチンコ攻略ライター。攻略誌だけでなく、業界紙や新聞など幅広い分野で活躍する。
1
2
勝SPA!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事