お金

熱い夏をさらに熱くするハイスペックパチスロの魅力に迫る

 続々と登場するハイペックな6号機の勢いはこの夏もとまらない! もちろん、まったり打ちたいファンのためにノーマル機も続々と登場。人気アーケードゲーム・麻雀格闘倶楽部、名作『パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、人気ロボットアニメ『天元突破グレンラガン』といったタイアップ系機種に加え、夏の花、ハイビスカスも咲き乱れる。さぁ、ホールへ急げ!

麻雀格闘倶楽部参(コナミアミューズメント)
(C)Konami Amusement

麻雀格闘倶楽部参(コナミアミューズメント) (C)Konami Amusement

人気麻雀パチスロ第3弾が6号機で闘牌開始

 アーケードゲームとして人気の麻雀格闘倶楽部は、パチスロでも人気シリーズとしてこれまで2作が登場。そして待望の第3弾として8月からホール導入が始まったのが、シリーズ初の6号機『麻雀格闘倶楽部参』だ。より進化を遂げた麻雀パチスロは、八連荘達成が勝利の鍵を握っている!? 『麻雀格闘倶楽部参』のスペックは純増約5枚のAT機で、AT「格闘倶楽部RUSH」はゲーム数不定の差枚数管理型。初期枚数はAT当選時のアガリ役に対応)39~480枚)しているのが特徴だ。AT消化中にハズレやレア役等で枚数上乗せも期待でき、その上乗せ確率は平均1/8.9と頻繁にチャンスが到来。1回での最大上乗せはメーカー名にちなんで573(コナミ)枚というこだわりも。またAT終了後には引き戻しゾーン「真龍ロード」に突入、その際にはプレイヤーが親となるため、アガリ時に獲得できる枚数は1.5倍になるのがポイントだ。そして引き戻しを続けて「八連荘」を達成すれば役満扱い、すなわち480枚+αの一撃大量獲得恩恵が濃厚に!  麻雀の対局をパチスロで再現した通常時は、リプレイで手牌を集めてレア役でアガリを目指すというのが基本。背景やモードによってツモ運が優遇され、アガリや高い役の期待度がアップして対局を有利に進められることもあるぞ。  日本プロ麻雀連盟所属の著名雀士や人気女流雀士の白熱の麻雀バトルをパチスロでリアルに再現した『麻雀格闘倶楽部参』。特定のモードでは女流雀士達の麗しい浴衣や水着姿も観ることもできるぞ。麻雀を知っている人はもちろん、麻雀を知らない人でも闘牌の興奮をしっかり楽しめること間違いなしだ。

パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(サミー)
(C)ANOHANA PROJECT (C)Sammy

パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(サミー) (C)ANOHANA PROJECT (C)Sammy

パチスロ「あの花」で、もっとなかよしに

 300万人の心を掴んだ「ちょっと不思議なひと夏の感動の物語」の思い出にパチスロでまた会える、8月導入された『パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』。アニメの感動シーンを徹底的に作りこんだ演出と新感覚のゲーム性で、パチスロでも多くの人の心を掴むことになりそうだ。 『パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスペックは純増約1.5~3.1枚のAT機で、AT中の減少区間がないノンストップATが特徴だ。メインAT「Flower’s memory」はワンセット20Gのセット数管理型で、CZ「かくれんぼチャンス」とのループが出玉増加の鍵。さらに安定した出玉獲得が期待できるボーナス)※ベルナビ20回+αのBIG、ベルナビ6回のREG)や30or80Gの「エピソード」、セット数上乗せ特化ゾーンの「夏祭り」、ボーナスや特化ゾーンに加え高ループでセット数を上乗せする「あの花フリーズ」などの出玉トリガーも搭載されている。  通常時は液晶左側の「なかよしメーター」が注目ポイントで、小役で仲間の獲得抽選、メーターの色で期待度を表現しており、6人集まるとCZやATの抽選を行う(期待度はその時のメーターの色で変化)。めんまチャンスは前半がリプレイ、後半がベルでATを抽選する自力CZで、成功期待度は約40%。また規定ゲーム数到達で突入する「ごめんまBONUS」はベルナビ6回で1R、最大40R継続と一発逆転のチャンスも!?  かくれんぼチャンスやめんまチャンスの最終ジャッジには、これまでにはないゲーム性であるセグリンクシステムを採用。リーチラインの数字と押し順ベルに対応したセグのが一致すれば成功という自力感が高いシステムは、原作アニメにも負けない感動を味わえること必至。演出でもゲーム性でもしっかり感動ができるのが、『パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』なのだ。
次のページ 
ハイビスカスが6号機で咲き乱れる
1
2
勝SPA!
Cxenseレコメンドウィジェット





おすすめ記事