恋愛・結婚

低スペックおじさんと交際経験のある女性4人、どこが魅力?

 低収入、非正規雇用、コミュ障etc. いわゆる低スペックではあっても、不特定多数の女性や、若い美女と交際する“奇跡の中年”と呼ぶべき傑物たちがいる。そんな男性に夢中になる女性の心理とは――? 低スペック中年と恋愛経験のある女性4人に集まってもらい、座談会を開催した。
低スペック中年と恋愛経験のある女性

※写真はイメージです

<参加メンバー> ●河村純子さん(仮名・37歳)……20代から男のスペックは一切気にならない性格。低年収の相手なら、自分が稼げばいいと思う「『全裸監督』好きの女子は低スペックにハマる素質あり」 ●篠田亜季さん(仮名・28歳)……イケメンよりしょぼいおじさんが好きなOL。タイプは80円の激安ビールで幸せを感じる人「卑屈にならず明るい低スペックおじさんにすごく萌えます」 ●細田遥:さん(仮名・26歳)……41歳のブサメンフリーターと1年間のボーイフレンド関係を続けたが、肉体関係には至らず「低スペックでも気にしない女子は意外に多い」 ●柏木麻衣さん(仮名・33歳)……高スペック男が好きだったが、20代半ばから低スペック中年と交際したことで魅力に目覚める「ベッドでもガツガツしてこないのがいい」

低スペックおじさんにハマる女子たちが赤裸々告白

麻衣:まず低スペックおじさんの魅力といったら居心地のよさかな。 亜季:そうそう。高スペック男みたいになんでも否定しないし、共感もしてくれるから気楽だよね。 遥:変にガツガツしてないから、すごく安心感もあるというか。 純子:私が知り合った50代はサーフィンが趣味だったから、デートはほとんど海。お金はなかったけど、気ままに生きている感じが羨ましくてよかった。 麻衣:そういう野性味の溢れる低スペックおじさんが好き。前の人は常に所持金が3000円しかなくて、「晩飯を調達しに行くぞ」って一緒に釣りに行かされたりしてた(笑)。 亜季:わかる! 前に付き合ってた男性は、お風呂もないボロボロの家に住んでて。「俺、100均のパンツはいてんだ」って、ペラッペラのやつを自慢してきて爆笑してましたもん。普通だったら卑屈になるのに、それを自虐的な笑いにできる明るさに、かなり萌えてました(笑)。 遥:前カレは低身長のぽっちゃりブサメン。植物園とか庭園とかお金のかからないデートしかしなかったけど、私の行きたいところに黙ってついてきて、一緒に楽しんでくれるのが嬉しかったかな。 純子:幸せに感じるレベルが低いと長続きするしね。あと、ああいう人たちは非モテ感がいいというか。安心して付き合えるし、一途に尽くしてくれる印象もある。 亜季:たしかに。こないだ友達に勧められて流行りの番組『バチェラー・ジャパン』を観たんです。一人の高スペック男に女が群がって、奪い合うことに全然共感できなくて……。 麻衣:私も興味ない。だったら、『全裸監督』のほうが断然面白かった。あんなに借金しても這い上がって、己の欲望を貫く村西とおるって超カッコいいじゃん!って。 純子:『バチェラー』より『全裸監督』が好きな女子は低スペックおじさんにハマる素質あるね(笑)。
次のページ 
低スペックでも気にしない女子は結構多い
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事