ライフ

“美女ライダー”になった52歳のおじさんが炎上したわけ「バイク業界の人たちから『悪印象に繫がる』と誹謗中傷を受けて…」

中年男性の炎上が後を絶たない。火種は確かにあったかもしれない。でも中には火種をつくった人が「おじさん」であったがゆえに余計に燃え広がる事例がある。なぜこんなにも“叩いていい存在”になったのか。その背景を探ってみた。

婚活の記録ツイートが炎上した39歳

[おじさん叩き]の大問題

写真はイメージです

「おじさん構文」や「静かな退職」など、世間では“おじさん叩き”の風潮が加速している。なかには叩かれてしかるべき中年男性もいる。だが、「おじさん」という属性により過剰に叩かれて生きづらさを感じている人も少なくない。 「幸せになるための婚活で、こんなに批判されるなんて」 そう話すのは、大阪の会社の総務部で働く清水義広さん(仮名・39歳)。1年前からツイッターで婚活の記録を呟いていたが、「交際候補の女性が散歩しただけで『疲れた』と言いだしたので見限った」という旨のツイートが炎上した。
[おじさん叩き]の大問題

女性を中心に批判が殺到した炎上ツイート。一つ一つのリプに真面目に反論していたこともさらに叩かれる原因になった

「フォロワーが100人程度で、そのときイライラした感情を率直に投稿したのですが、端折った文章で誤解を招いてしまいました。ただ女性からの批判は『ハイヒールを履いてるのに』『当日に散歩デートを提案するのは非常識』など誤情報ばかりで。それを訂正しても『上から目線だ』と余計に炎上してしまいました」

“中年で独身”という属性も叩かれる要因に

また“中年で独身”という属性もより叩かれる要因に。 「世間的にその年まで結婚できないのは問題があると人格否定されたり、過去の投稿から職場を特定する人もいて……。明らかにやりすぎですよ」
[おじさん叩き]の大問題

清水義広さん(仮名)
婚活を始めて1年で、100人以上にお見合いを申し込んだという清水さん。「相性の良い相手と結婚したい」

炎上を機に“女性嫌悪”に似た感情も芽生えてしまった。 「相手に高望みもせず、真面目に婚活しているだけなのに、一斉に叩かれるなんて心外だし悔しいです。幸せを摑んで、寄ってたかって叩いてきた人たちを見返したいです」
次のページ
なぜ「おじさん」は叩かれる?
1
2
3
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ