恋愛・結婚

クリスマス当日に彼氏の不倫が発覚、隣にはベビーカーを引く女性が…

 今年も残り僅か、年末の一大イベントともいえるクリスマス。しかしこの時期、恋人がいないことをネガティブに感じ過ぎた挙げ句、必死になって恋人を作った結果、悲惨な状況に陥った経験のある人は多いんじゃないだろうか。

クリスマス前、駆け込みで彼氏が出来た

女性

※画像はイメージです(以下同)

 都内の大手百貨店で美容部員をしているケイさん(28歳・独身)は、去年のクリスマスに“悲惨” な体験をしたという。 「9月の終わりかな? いきなり知らない人から『僕ら何繋がりでしたっけ?』っていうLINEがきたんですよ。友達ではないから追加しないと既読はつかないんだけど、アイコンがイケメンっぽかったんで追加してみたんです。忘れてるだけで知り合いだったのかもなぁと」  なんとなく好みかもしれないと思った男と謎にLINEのラリーは続くも仕事関連でも母校関連でも何でもなかったという。だが、「真っ先に本名を言ってくれたことに安心感を覚えた」というケイさんは、とりあえずご飯に行くことにしたそうだ。 「彼が『何で俺らがLINE繋がったかわからないけど、アイコンがタイプなんでご飯いきません?(笑)』って送ってきて。ノリでOKしちゃったんです。その週末に会うことになりました」  待ち合わせにスーツで現れた彼は、高身長でアイコンより格好良かった。ケイさんが新潟出身で日本酒が好きということを考慮した店のチョイスやスマートな振る舞いに彼のポイントは上がるばかりだった。 「彼は私の3つ上で夏にすれ違いから彼女と別れたばかりで、『次の彼女とは結婚を考えている。会ったばかりで信用出来ないかもしれないけど、付き合ってくれないかな?』って言ってくれたんです。運命的なものすら感じてしまってOKしたんです」

なぜかデートはドタキャンばかり

 そして、その日のうちにケイさんの家にお泊りし、次回のデートプランやクリスマスの過ごし方について相談し、ラブラブな一夜を過ごした。これだけ聞いていると悲惨どころかノロケにしか聞こえないが……。 「翌週の私の休みにアフターシックスでディズニーに行く約束をしたんです。私がここ数年、彼氏とデートスポットに行ってないなぁって言ってたら、あっちから提案してくれて。  ……ですが、それが当日になったら急にドタキャン。『急な仕事が入ってディズニーは行けないけど、ケイの家行くね』って。で、仕事のハズなのにすごいラフな私服できたから、なんかおかしいなぁ~とは思ったんですけどね」  その後もデートの約束はことごとくドタキャン。レイさんの家にはくるものの、することだけして、終電前で帰っていく彼氏。そのたびに「クリスマスだけは絶対に夜は空けとくから」と言っていたそうだ。
次のページ 
彼の隣にはベビーカーを引く女性が…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事