恋愛・結婚

「不倫バレしたときの正しい対処法」…謝りすぎは逆効果になることも

 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。  今回は結婚後に訪れてしまうかもしれない一大事、不倫がバレた際の妻への対処法についてお伝えします。

山本早織

なぜかルールを破りたがる男たち…

 一番愛するべき「彼女」や「妻」がいる状態でほかの人と関係を持つということを浮気といい、その浮気相手どちらかが既婚者で場合、「不倫」という言葉が使われています。  では、なぜ人は浮気や不倫をするのでしょうか。男性は安心感から浮気をし、女性は寂しさから浮気をする生き物といわれています。だからこそ、家庭という安心の場所を手に入れた男性は外に狩りへ行きたくなるし、そんな男性を見て寂しさを募らせた女性は外に自分の居場所を求めてしまうのかもしれません。  婚姻という制度がスタートしてから、どの時代も不倫や浮気は必ずあり、現在は芸能人の浮気が定期的に報道されています。そもそも不倫はダメなものとわかっているにもかかわらず、バレるまで続ける男性心理を私自身は理解できませんが、私自身も不倫経験がないわけではありません。
不倫

※写真はイメージです(以下、同)

 好きで付き合った2か月目に「結婚している」という事実が判明したこともあります。このように男性側から超えてはいけない一線を越えるきっかけを作っているケースが比較的多いようです。  小学生のとき、男子は掃除の時間やるべき事をやらずに遊んでいて、女子はルール通りきちんと椅子を机の上にあげて掃除をしていた光景って、想像できませんか? 男性はルールというものを破りたい生き物。そして女性はルールを守りたい生き物です。  婚姻関係があるにもかかわらず別の女性に好意を持つというルール破りのスリルが男性にとっては快楽なわけです。そして、女性は「自分は常に正しくいたい」というルールを守る女性であればあるほど、不倫の足を踏み入れてしまった際、それが一般的には間違っているとわかっていながらも、「正しいのかもしれない」と正当化してしまいます。
次のページ
不倫がバレた際の正しい言動は?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事