デジタル

スマホで子供の動画を美しく残せる画期的アイテム

付けるだけで動画が美麗に! スマホ用3軸ジンバル

ジバラーガジェット

小さく折りたため、重量も約400gなので気軽に持ち運べる。スマホ本体への充電が可能という点もうれしいポイントだ

●DJI OSMO MOBILE 3 価格:1万5125円(税込)外形寸法:H285×W125×D103mm/重量:405g  スマホで撮った動画を観ていると地味に気になる「手ブレ」問題。これを解決すべく、夫婦間の厳しい予算会議を経て購入したのが「OSMO MOBILE 3」だ。正直、自分も半信半疑だったのだが、予想よりはるかに役立つアイテムだったので紹介しよう。  子どもが生まれてからというもの、スマホで動画を撮る機会が格段に増えた。それに伴って画質の粗さといった不満も増えてくるわけだが、そのなかでも許容できなかったのが最初に挙げた「手ブレ」問題というわけだ。  目に入れても痛くない息子の姿が、スマホで見ると非常に辛い。動画を観ていて酔ってしまうのだ。そこで購入したのが「OSMO MOBILE 3」なのだが、これはジンバルと呼ばれるガジェットのひとつ。スマホやカメラに取り付けることで、センサーとモーターが手ブレを軽減してくれる便利な代物だ。これを取り付けるだけで、まるでプロが撮ったような、高品質な動画が撮影できるのだ。  走りながら撮影しても、スマホの向きなどが自動で制御され、ほとんど上下左右のブレがない状態で撮れる。スマホのみで撮影した動画と比べると、その滑らかさの違いは一目瞭然だ! また、静止画の品質も手ブレ問題を解決することで格段に向上することもわかったのは、意外な収穫だった。  1万円程度のアイテムで、これほどまでに撮影のクオリティが上がるというのは、一種の快感だ。これだけでもぜひ体験してほしいのだが、当初は期待していなかった、ほかの機能も最近は活用している。
ジバラーガジェット

今週のジバラー・しゅんたろ

 広い景色を漏らさず撮れる「パノラマ撮影」機能はジンバルが自動で角度を変え、写真を複数回撮影。それらを合成することで、広角的なパノラマ写真や180度撮影を実現可能だ。これは旅行先で景観を撮る際に重宝している。 「タイムラプス撮影(倍速再生)」では撮影時間の圧縮度を設定し、コマ送り動画を作成できる。数時間撮影した景色の早回しは想像以上のエモさを感じられるだろう。スマホの標準機能しか利用したことがない人は、思わず「おぉ……」と感嘆の声をあげてしまうはずだ。実際、私はあげてしまった。 「子供の記録を美しい動画で残したいけど、デジカメを買うのはためらっている」そんなパパ・ママにオススメしたい逸品だ。
次のページ
DJI OSMO MOBILE 3のここがスゴイ!
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事