恋愛・結婚

SOD新卒女子社員・宮崎リンがネットで話題。タイと日本の懸け橋として女優デビューも…

こんな時だから、みんなを元気にしたい!

 今もタイに旅行に行ったりすることもあるという彼女。日本の文化圏で育ちながら、タイの文化も理解する彼女は、日本とタイの違いについてこう話してくれた。 「いいとか悪いとかじゃないですけど、タイと比べると日本はちょっと国民に過保護だなあと感じることがあります。例えば日本だと、川辺や湖って絶対に柵があって、誰かが落ちたりしないように守られてるじゃないですか。タイにはああいうものが全くないんですよね。みんな“まあ大丈夫、落ちないでしょ”という感じで、いい意味ですごくポジティブな考え方を持っていて。そういうタイの国民性は、私はとても好きですね。 宮崎リン 今はすごく大変な時ですけど、日本という国は、こういう時だからこそ思いやりを持った行動ができる国だと信じています。引きこもってばかりでストレスが溜まったら映画を見てください。アニメを見てください。飽きたらTwitterやTikTokを見てみてください。それも飽きたら、ネット漫画や小説を読んでみてください。自粛期間が終わったら思いっきり外で遊びましょう!!」  日本も今はみな苦しい時だが、宮崎は「こんな時だからこそ」、皆を元気にするような発信を続けていきたいという。タイ語での動画もまだまだ更新する予定だそうだ。GWには彼女の動画を見ながら、タイ語の勉強をするのもいいかもしれない。稀代のハーフ女優のこれからの活躍、見逃せない。<取材・文/ミクニシオリ>1992年生まれ・フリーライター。ファッション誌編集に携ったのち、2017年からライター・編集として独立。週刊誌やWEBメディアに恋愛考察記事を寄稿しながら、一般人取材も多く行うノンフィクションライター。ナイトワークや貧困に関する取材も多く行っている。自身のSNSでは恋愛・性愛に関するカウンセリングも行う。
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事