エンタメ

キャンディーズのお宝の正体は? 伊藤蘭も欲しがったクリス松村の秘蔵品

―[クリスのお宝箱]―
伊藤蘭編 アナログ盤、CD、DVDなど約2万枚以上。さらに雑誌やポスター、グッズ、珍品なども所有し(現在も収集中)、アーティストからも認められるほどの大の音楽ファンのクリス松村が、MCを務める『ミュージック・モア』で秘蔵のコレクションからとっておきの1枚を披露!  これまで数多くのゲストをお招きしましたが、こんなに緊張したのは初めてでした……。  今回の『ミュージック・モア』のゲストは、キャンディーズ解散から41年、ソロ歌手デビューされた伊藤蘭さん(※)です!
伊藤蘭

今回のゲストは伊藤蘭さん!

 この日のために、とっておきのお宝を用意しようと、考えて、考えて、考え抜いて持って来たのが……。今回は、お宝箱にも入らない、門外不出の秘蔵品! キャンディーズ時代のポスターをお持ちしました。

あまりにも斬新なメタルポスター。でも本人は……

「ジャジャーン! このポスター、覚えていますか?」と伊藤蘭さんにお見せしたところ……。 「覚えて、いないです」(伊藤蘭さん)  この言葉こそ、私のようなコレクターにとって生き甲斐なんです!  これは1976年、12枚目のシングル『哀愁のシンフォニー』の宣伝用のポスターです。注目してほしいのが、その素材! 紙ではなくメタルポスターという、ピカピカと銀色に反射する、まるでアート作品なんです! とっても貴重なので、折り畳まず、額に入れて保存しています。 「これ、私も持っていません。たいていは1つずつ、いただいていたんですけど……」(伊藤蘭さん)  欲しがるような目で蘭さんが私を見るんですが、どんなに頼まれても、これだけはお譲りできません。それだけ、私、キャンディーズが大好きなんです。
クリス松村

「このポスター、芸術的価値があって、私にとってお宝中のお宝なんです」とクリス

 このメタルポスターは、鏡のように反射して、スタジオのスタッフが写り込んでしまうので、実はテレビ泣かせなんです。だから、このお宝は、テレビ初公開! 「この3人の写真は、ほかでも使われているから覚えているんですが、こういうポスターがあったのは、覚えていなくて、とても新鮮ですね!」と蘭さんも興味津々でした。
次のページ
天国へは持っていけないので「その時は私が(笑)」と伊藤蘭
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事