エンタメ

デビュー45周年の岩崎宏美にカバーしてほしい大御所の名曲は?

―[クリスのお宝箱]―
岩崎宏美編 Part1 アナログ盤、CD、DVDなど約2万枚以上。さらに雑誌やポスター、グッズ、珍品なども所有し(現在も収集中)、アーティストからも認められるほどの大の音楽ファンのクリス松村が、MCを務める『ミュージック・モア』で秘蔵のコレクションからとっておきの1枚を披露!  今回はデビュー45周年の岩崎宏美さんです。1975年に『二重唱(デュエット)』でデビュー。2作目の『ロマンス』で日本レコード大賞新人賞を受賞され、その後も『センチメンタル』『思秋期』『シンデレラ・ハネムーン』『聖母たちのララバイ』など、数々のヒット曲を生み出しました。
岩崎宏美

岩崎宏美さん

 今回、「クリスのお宝箱」を紹介する前に、私が持ってきた宏美さんの数あるレコードの中から、アルバム『Love Letter』を、少し紹介したいと思います。  1982年11月5日に発売された12枚目のアルバムで、24歳の誕生日の直前に発売されました。注目は全曲を宏美さんが作詞! さらに題字も、曲名も、歌詞も、すべて自筆なんです。レコードのレーベルも、A面には本人の似顔絵(自画像)を、B面には当時の飼い犬が描かれています。  レコードの帯のキャッチコピーには、「どこを切っても、宏美ちゃん!!」。まさに金太郎飴のようなアルバムなんです。当時24歳の宏美さんの歌声が収録されたこのアルバムは、CD化もされていますので、オススメです!

ブラックミュージック界の大御所のアルバムが宝箱に選ばれた理由は?

 さて、今回「クリスのお宝箱」から登場したのは、ダイアナ・ロス(※1)の1981年発売のアルバム『To Love Again』です。  お宝箱の蓋を開けた途端、「Oh~! ダイアナ・ロス~!!」と声を上げた宏美さん! その声を聞いて、(やっぱり、ダイアナ・ロスが好きなんだ)とわかりました。実は、私も日本全公演に行っているほど、大ファンなんです。
岩崎宏美

お宝箱の蓋が開いた途端、「Oh~!ダイアナ・ロス~!!」と微笑んだ岩崎宏美さん

 収録曲の『It’s My Turn(邦題:今度は私)』を宏美さんに歌っていただきたいと思いまして、レコードに針を落とすと、耳を澄まして聴いていた宏美さんが、うっとりした表情で「いい声ですね」とつぶやいたんです。
次のページ
日本人の心をつかむダイアナ・ロス
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事