ライフ

杏ついに覚醒!? 美雲の激しい追及にLの一族が大ピンチ! 『ルパンの娘』短期集中連載vol.5

 毎週木曜よる10時からフジテレビ系列にて放送中の、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』。物語もいよいよ終盤に突入。ラストに向け待ったなしのストーリーの行方を大紹介!

稲葉プロデューサーが語る第6話・第7話の見どころ

ついに杏と接触する美雲。その様子を監視していた渉は……。そして杏は子供参観日に尊たちの“仕事場”を見学することになる。(第6話・11月19日放送予定)

 やはり血は争えないのか――。華(深田恭子)と和馬(瀬戸康史)の不安をよそに、Lの一族の宿命に巻き込まれていく一人娘・杏(あん)の行く末がとっても気になる『ルパンの娘』。前作に引き続きプロデュースを手がけるフジテレビ・稲葉直人プロデューサーに、ドラマの裏話や気になる次回の見どころをたっぷりと語ってもらった! ――前作に続いて、田中みな実さんをゲストに迎えた第5話(11月12日放送)でしたが、振り返っていかがですか? 稲葉「ご覧になっていただいた方はおわかりだと思いますが、田中さんはセクシー囚人服の下にボンテージ衣装を着込む徹底ぶりで、今回もしっかり美羽を演じ切ってくれました。また、深田さんも、華と入れ替わった悦子(小沢真珠)の妄想シーンでかつてないほどのセクシーな姿を披露していただきました。その意味では、二人の女優魂が炸裂した素晴らしい回でもありましたね」 ――ストーリー的には今後どうなっていくのでしょう。 稲葉「美雲(橋本環奈)の復讐劇がここから佳境に入ります。死んだはずのLの一族が生きており、しかも想いを寄せていた和馬と今もつながって、子どもまでいることがわかった以上、彼女がどういう行動を取るのか最後まで目が離せません」

激突! 美雲vsLの一族……怒涛の展開を見逃すな!

――では、第6話の見どころをお願いします! 稲葉「さらに鋭さと激しさを増す美雲の追及を、一家の大黒柱・尊(渡部篤郎)が受けて立ちます。普段は軽くてお調子者っぽく見える尊ですが、ああ見えて実はしっかり家族のことを考えているキレ者でもあるので、はたしてどんな秘策があるのか、そこはひとつ見ものですね。それから杏がついに“ある力”に目覚めます。タイトルに『鬼』がつく某大ヒットアニメの便乗か!と視聴者のみなさんから全集中でツッコミが入りそうですが、お楽しみに」 ――続いて第7話はいかがでしょう。 稲葉「冒頭からいきなりシリアスに始まり、Lの一族の名を騙る怪しい一味による強盗殺人事件が起きてしまいます。奴らの正体および目的はいったい何か、謎が謎を呼ぶ展開が待っています。そしてなんと、これまであらゆる場面で役に立ってきた例の万能スプレーの効き目に変化がでてきてしまいます」 ――さすがにそこまで万能ではなかったのですね。 稲葉「はい(笑)。これによって、かつてないピンチに立たされたLの一族が、それをどう乗り切るのかが一番のクライマックスです。そして、美雲がついにミュージカルデビューを果たし、前作で和馬との因縁がある“あの男”も帰ってくるという、実に盛りだくさんの展開が待ってますので、どうぞ引き続きお見逃しのないように!」

美雲は華と対峙したアパートでの出来事を忘れていなかった。そんな折、Lの一族の名を騙った者による強盗殺人事件が発生する……。(第7話・11月26日放送予定)

稲葉Pがぜひ見て欲しい『ルパンの娘』細かすぎて伝わらない? マニア向けポイント選手権

①杏のイメージキャラは『鬼滅の刃』のあの人物!? Lの一族の宿命に巻き込まれつつある華と和馬の娘・杏。 「普段の彼女はものすごく臆病で泣き虫で内気な性格ですが、ここだけの話、イメージしたのはあの『鬼滅の刃』の我妻善逸なんです。なので、もしかすると杏も覚醒したら善逸のようにとんでもないチカラを発揮する……かもしれません」(稲葉P) ②美雲の復讐は亡き祖父の形見とともに! Lの一族への復讐に燃える美雲。彼女が常に握りしめているモノはいったい何? 「これは第1話で亡くなった彼女の祖父である北条宗真(伊吹吾郎)の形見の短剣です。もうみなさん忘れてしまっているかもしれませんが(笑)、はたして本当にLの一族が犯人なのか、その謎にも注目してください!」(稲葉P)  『ルパンの娘 シーズン2』第6話は11月19日木曜、第7話は11月26日木曜、ともによる10時からフジテレビ系列で放送される。 <提供/フジテレビジョン>
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事