ライフ

「空気清浄機」家電販売員が本当に買いたい3機種と絶対に買わない1機種

 皆さん、こんにちは。関東の某家電量販店に、十数年間務めている店員のスズキです。黒物から白物まで、ジャンルを問わずさまざまな商品の販売に携わり、店長も務めたことがある私が、日々の生活に役立つ家電の情報をお届けしていきます。前回は巣ごもり需要で注目が集まっている「調理家電のヒット商品」について紹介しましたが、今回は売れ行きが好調の「加湿空気清浄機」。数ある商品の中から、私が「買いたい&絶対買わない機種」を皆さんにお伝えします。

空気清浄機がかつてない売れ行きを記録した2020年

空気清浄機

※写真はイメージです(以下同)

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う室内環境への意識向上で、空気清浄機の需要が大きく伸びています。  メーカーは増産をしていますが、それでも供給が追いついていない状態。現在、空気清浄機はお取り寄せになるケースが多く、人気の商品の場合は数か月待ちになることも。  今回、紹介する商品を運良く店頭で見かけた方は早めに購入するのがオススメですよ。

家電販売員が本当にほしい空気清浄機

 私のイチオシは2020年12月に発売されたダイキンの最新モデル「MCK70X」です。  価格は7万円前後と高価ですが、強力な分解力を持つ独自の“ストリーマ技術”と小林製薬の抗菌技術を活用して開発した“抗菌加湿フィルター”を搭載しており、加湿空気清浄機としての機能は折り紙付き。このフィルターは性能の劣化がほとんどなく、10年交換しなくても大丈夫な点も大きな魅力です。  ダイキンの名を聞き慣れない方がいるかもしれませんが、もともと業者向けのエアコンを製造していたメーカーです。  空調設備に関して確かな技術を持っていますので、安心してお使いいただけると思います。ただ、一部の家電量販店ではダイキンの商品を扱っていないので、事前に確認しておくといいでしょう。
次のページ
2万円台で買える人気モデルもオススメ
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事