ライフ

「高性能エアコン」販売員が本当に買っている3機種と絶対に買わない1機種

 皆さん、こんにちは。関東の某家電量販店に、十数年間務めている店員のスズキです。黒物から白物まで、ジャンルを問わずさまざまな商品の販売に携わり、店長も務めたことがある私が日々の生活に役立つ家電の情報をお届けしていきます。

コロナ禍で需要が急拡大したエアコン

家電量販店

※写真はイメージです(以下同)

 前回は梅雨対策として「除湿&除菌家電」を取り上げました。今回は夏に向けて「高性能エアコン」の「販売員が本当に買っている3機種と絶対に買わない1機種」をそれぞれ紹介したいと思います。  コロナ禍に見舞われた2020年は1回目の緊急事態宣言が解除あたりから、在宅需要の高まりでエアコンが飛ぶように売れました。  今年は去年よりは若干少ないものの、だんだんとエアコンの注文が増えてきている状況です。

トラブルが少なくないエアコンの設置

 売れ筋のエアコンは6畳用の安価なモデルになりますが、今回はあえてリビングなど、おもに14畳の広さで運用する高性能エアコンをテーマに選びました。  もちろん、これには理由があります。高性能エアコンは購入後に設置できなかったなど、安価なモデルと比べてトラブルが発生しやすいです。  購入時に家電量販店の店員にきちんとヒアリングをしたほうが安心なのですが、これからエアコンの需要がどんどん高まっていくと、ひとりのお客様に対して担当できる時間が短くなってしまいます。  そのため、高性能エアコンを購入するなら、比較的余裕のある今の時期がオススメというわけです。
次のページ
販売員が本当に買っている機種は?
1
2
3
4
5
6
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事