仕事

旅するUber Eats配達員、宮崎の恋愛パワースポットで“彼女”を思う

 僕は普段、日雇い派遣などの仕事で稼ぎつつ、時間を見つけてはタイなどの東南アジアを中心に旅してきた。この状況では海外旅行には行けそうにないが、日本国内ならば比較的自由に動けるようになってきている。旅がしたい。でも、社会の底辺で生きる僕にはお金がない。そこで「Uber Eats」の配達で稼ぎながら国内を自転車で旅するという方法をとることにしたのである。

“奇跡の再会”なんてあるわけないのに

小林ていじ

宮崎市の配達エリアまで電車で移動。所持金3万円で東京を出発、「Uber Eats」の配達で旅費を稼ぎながら沖縄まで自転車で旅する筆者・小林ていじ

 旅に出て96日目、僕は宮崎市にいた。泊まっているゲストハウスは青島駅の近くにあり、宮崎市のウーバーの配達エリアからは外れているため、南宮崎駅まで約30分かけて電車で移動。それから駅に隣接する駐輪場に止めてあった自転車に乗り、配達を開始した。  宮崎市の配達エリアは宮崎駅と南宮崎駅を中心としたかなり狭い範囲である。それでもマクドナルドやスターバックスなど人気チェーン店からの配達リクエストが途切れることなく入ってくる。  ヤシの木の並ぶ南国のような景観の街中を軽快に走った。女性とすれ違うと、そのたびに僕の視線はついそちらに向いてしまう。漫画やドラマじゃあるまいし、奇跡の再会なんてあるわけないのに……。

トゥクトゥクで島を走る

幸せの黄色いポスト

青島の橋の近くにある「幸せの黄色いポスト」

 97日目。配達を休んでゲストハウスからすぐ近くの青島を観光することにした。ビロウジュなどの亜熱帯性植物が多く茂る周囲1.5キロほどの小さな島で、島全体がパワースポットと言われているらしい。  島までは橋で渡れるようになっているのだが、その橋のたもとに一台のトゥクトゥク(三輪タクシー)が止まっていた。島の中心部にある青島神社のあたりまで運行しているというので、乗せてもらうことにした。料金はチップ募金制で、チップを入れるボックスが客席に備え付けられていた。
トゥクトゥク

このトゥクトゥクはタイから輸入したという

 トゥクトゥクが走りはじめると、冬の冷たい空気が頬を打ちつける。透き通るような水色の空の下には藍色の海が広がり、橋を渡り切ったあたりからその海面から「鬼の洗濯板」と呼ばれるゴツゴツとした奇岩が隆起するようになった。
鬼の洗濯板

長い時間をかけて波に侵食されてできた「鬼の洗濯板」

青島神社

青島神社には縁結びの神が宿ると言われる

絵馬もハート型

奉納されている絵馬もハート型だ

 それにしても、宮崎でトゥクトゥクか……。いろいろと重なるものがあった。
次のページ
“泉ちゃん”との出会い
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事