ニュース

トランプ再選のデマはなぜ拡散された? 政治系ユーチューバーKAZUYA

チャンネル登録者数は70万人を超える、人気政治系ユーチューバーのKAZUYA。政治的スタンスは「ライトなライト」(軽い右寄り)を自認する。日本の未来に光をともすべく、難解な政治ニュースや社会問題を軽やかに、明るく、面白く斬る!

根拠不明な「トランプ再選」の拡散で見えた、情報の取捨選択の危うさ

ライトなライト論

人気政治系ユーチューバーのKAZUYA氏

 ユーチューバーとして活動を始めて、もう10年近くになりますが、情報をいかに選択して発信すべきかが年々難しくなっていくなと感じています。  選択肢があるのは一般的に喜ばしいことです。しかし現代は情報過多で、選択肢も多すぎて何が何だか……。かつては情報を得るといえば人づてに聞くとか、新聞、ラジオ、テレビ、雑誌に本が主流でした。しかし今はネットという情報の大海原が広がり、誰もがスマホという船を手に入れ航海に出ています。  ネットの大海原は私たちに恵みを与えてくれます。日常では知り得ないさまざまな情報をネットを通じて得ることができますし、ネット社会はさまざまなビジネスを生み出し、多くの人に金銭的な利益ももたらしています。僕もまさにその恵みを受けているタイプの人間で、ユーチューバーとして生計を立ててきました。  一方で現実の海と同じように、ネットの海も危険が伴います。見た目が綺麗な魚でも実は毒を持っているとか。ネットにおける情報選択も似たところがあって、とんでもない毒情報があるので、慎重に見る必要があります。何事も鵜呑みにするのは危険なことです。

根拠不明なネット情報に飛びつき拡散し続けた人々

 昨年11月以降、米国のトランプ前大統領に関連するネット情報は怪しさの極みでした。トランプ氏は大統領選挙が「盗まれた」として、不正だったとの認識を示しています。確かに個別の選挙違反は検挙されており、例えば死んだ母親の名義で投票して息子が逮捕されるなどしています。ただ選挙結果を覆すような大規模不正の証拠は出ていません。  それでも「トランプ勝利」を信じた人々は、根拠不明なネット情報に飛びつき拡散し続けたのです。  例えば「ヒラリーが逮捕された」「ペロシ下院議長が逮捕された」「世界緊急放送がある!」といった情報が、ユーチューブやツイッターで拡散していました。この手の謎の話はたくさん出回っていましたが、なかでも驚いたのが「ドイツで大統領選挙に関連するサーバーを巡って米陸軍とCIAが銃撃戦をして死者が出た!」というものです。ドラマや映画のようで、ドイツの主権はどうなっているんだという話です。そんな話が現実に起こっていたら、世界的な大ニュースになっていることでしょう。
次のページ
衝撃的な情報ほど立ち止まって調べるべき
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事