ライフ

結婚式の3週間後に脊髄損傷したYouTuber「障がいを使命だと思って」

 いまや現役タレントや芸人を始め、ゲーム実況から、メイク動画などあらゆる分野の動画が配信されているYouTube。そのなかでも、300万回以上再生された動画がある。『脊髄損傷リハビリ動画』は、たくさんの参列者に囲まれた幸せそうなカップルの結婚式から始まる。 「本当に幸せだった。そして、この幸せが当たり前だと思っていた」  その後、「結婚式から1カ月後、僕は交通事故で全身不随となり医者から一生歩けないと宣告された」というテロップが入ると、さっきまで元気だった男性がベッドに横たわる痛々しい姿が映し出される。それは、事故から3日後の様子だという。これがYouTubeにアップされると、大きな話題を呼んだ。
かしわせチャンネル

画像は、YouTubeのかしわせチャンネル「脊髄損傷リハビリ動画」より

 投稿者は、YouTuberのかしわせさん。彼の運営する“かしわせチャンネル”では、事故に遭った直後の入院中から、車いすでの生活まで包み隠さずに配信されている。なかには、「#ワンオペ介護」のハッシュタグが付けられて、かしわせさんの妻の一日を紹介しているものもある。これは600万回以上の再生を記録した。  このような大事故を経て、なぜ動画配信をしようと思ったのか。果たして、かしわせさんが伝えたいこととは。今回は直撃してみた。

深夜に自転車事故、全身不随に

かしわせチャンネル

画像は、YouTubeのかしわせチャンネル「脊髄損傷リハビリ動画」より

「金属バッドで思い切り殴られたような衝撃のあと、気づいたら道路に横たわっていました」  事故に遭った瞬間を振り返るかしわせさん。脊髄を損傷し、自力歩行ができなくなるほどの大怪我だが、いったい、どのような事故だったのだろうか。 「時間は深夜2時とか3時だったんですけれど、友人と食事をして帰る途中でした。電動自転車に乗っていたんですが、車が後ろから来た音がしたので、振り向いたんです。だけど、車が来ていなくて、振り返った瞬間にタイヤが取られて転倒してしまった……。スピードを出しすぎていたのかもしれません。些細な事故です……」  事故の直後も意識があったため、記憶に残っている。 「転んだとき、電柱に頭をぶつけてしまって。気づいたら倒れていました。でも声が出ない。声を振り絞って『助けて』と叫んでいたら、すぐに女性の声で『大丈夫ですか』と聞こえたんです。意識はボヤッとしていましたが、救急車に入っていくところは覚えています」  そのような大事故にもかかわらず、次の日には海外旅行に行く予定が入っていたため、内心では行けるかどうかという心配をしていたそうだ。これまで大きな怪我をしたこともなく、自分の身体がどうなっているのかわからなかったという。 「すぐに首の血を抜いたりする処置をしました。首の骨の手術は、通常は、翌日に手術をするのですが、2日後に行われました。僕は再生医療を受けたいと思ったので、その希望を伝えたら、調整などのため2日後になったんです」  かしわせさんは事故から3日後には全身不随となった姿を撮影し、YouTubeに動画をアップしている。そのような姿を見せることに抵抗はなかったのだろうか。 「もともとYouTubeに興味があったんで、せっかくだから『動画撮って』と妻に伝えて。動画をアップすれば、知り合いにも僕の状態がどうなのかがわかるし。面白半分じゃないですけれど、上げてみたんです。動画撮影は、最初の集中治療室のときは、周りが映らなければいいですよって言われて。札幌に転院してからは個室だったので大丈夫でした」

39度の高熱なのに、水も飲めない

 前向きに話しているが、入院当初は体中にチューブや管が通され、「夢か現実かもわからない」状態だったという。 「毎日39度とかの熱がずっと続いているのに、水も飲んではいけないんです。首の骨が折れていると、飲み込む力が弱くなっているので。点滴とか、チューブを胃に通して、栄養を摂っていました。  咳をする力が今も弱いのですが、入院中は、首に穴をあけて、痰を穴から吸い取ってもらっていました。睡眠剤を入れてもらっても痛みで眠れないような状態で。面会も1日2時間だけだったんですが、家族には無理を言って面会時間以外にも来てもらったりしていました」  かしわせさんは「入院してからの1週間は、首の激痛で地獄のようだった」と語る。では、自身の脊髄損傷や後遺症については、どのタイミングで知ったのだろうか。 「実は、病院に着いてから、先に母や妹や妻は、医者から脊髄損傷について聞いていたようでした。一方で、僕には医者からの説明がなくて、おかしいなあと思っていたのですが、ずっと体が動かない状態だったんです。  お医者さんが僕の足を触って、『感覚はありますか? 』って聞いてきた。僕が『あります』って答えたら、『あるってことはちょっとだけいい状態ですね』って言われて、なんとなくもう動かないんだろうなって気が付いて。妹と二人になったときに、『足はもう動かないの?』って聞いたら、気まずそうに『うん』と。妹も病院で、症状を聞いたときは泣いていたそうです」
次のページ
受け入れるというよりも慣れていった
1
2
3
4
5
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事