ニュース

「ワクチン接種、7割進めば忘年会も可能」SNSで話題の医師が明朗回答

 新型コロナウイルスのワクチン接種は、高齢者や医療従事者だけではなく、企業や大学などが実施する職域接種や、自治体によっては16歳から64歳までの接種が始まった。接種券を手にした人も増えてきている。
@MIKITO_777

SNSでワクチン接種の経過を報告した医師・小説家の知念実希人氏。画像は、Twitter(@MIKITO_777)より

 SNS上には、すでにワクチンを接種した人たちのさまざまな体験談や、これから接種する人たちの不安の声も散見されるが、実際のところはどうなのだろうか。Twitterで自身がファイザー製のワクチンを接種した際の経過を随時報告し、注目を集めた医師で小説家の知念実希人氏(Twitter:@MIKITO_777)。今回は、ワクチン接種に関わる疑問について聞いた。

ワクチン接種をするべきか?

——そもそもワクチンを接種するべきか迷っている人も多いです。接種後に亡くなったという内容の記事も見かけます。 「致死率1.4パーセントの感染症を防ぐという意味では、リスクとメリットを天秤にかけた時に、打たないという選択肢はない、というのが多くの医師の見方です。  日本では4,350万人以上(※)が接種しています。国民の3分の1が接種しているんですね。すでに全世界では10億人以上に新型コロナウイルスの予防ワクチンが接種されていますが、これが直接的な原因となった死亡例は世界で一例も報告されていません。バイデン大統領も、エリザベス女王も、菅首相も打っています。打つことのリスクばかりメディアで取り上げられますが、打たないことのリスクをしっかり見ていかないといけないと思います」 (※)首相官邸「新型コロナワクチンについて

「打つなら利き腕ではない方がいい」

——ワクチンを打つならば、ファイザー製とモデルナ製のどちらがよいかという悩みをネット上で見かけますが。 「ポカリスウェットとアクエリアスみたいなものでほとんど同じです。効果も有効性も副反応も同じ。抗体価に少し差がありますが、抗体価とは体の中に侵入してきた、ウイルスに対して対抗する物質の量や強さを表す力価のこと。モデルナの方が抗体価が少し上なくらいで、有効性は変わりません」 ——注射の痛みは誰しも嫌ですが、知念さんの場合は接種時の痛みはどれくらいでしたか? 「コロナワクチンは三角筋という大きな筋肉に刺す筋肉注射なのですが、痛みは本当に感じなかった。普通の注射よりも痛くないんです。むしろ痛くするのが難しいです(笑)」 ——接種後の腕の痛みはどの程度でしたか? 「腕をぶつけたり、上げたら痛かったですね。でも翌日の夜にはほとんど消えました。腕が腫れるというよりも、筋肉に打つので筋肉痛が起きます。三角筋は腕を上げる筋肉なので、打つなら利き腕ではない方がいいですね」 ——1回目よりも2回目のほうが副反応も強いという話も聞きます。 「確かに1回目、2回目も肩の痛みは出るのですが、2回目にかんしては、若い女性だと、熱が出やすいと言われています。統計上(※)でも、女性の方が1、2割熱が出やすいみたいです。一方、優先接種を受けていた高齢者が発熱する割合は、低い傾向にあります。70代の高齢者では、10人に1人にも満たないくらいですね」 (※)厚生労働省「健康観察日誌集計の中間報告(6月23日)」 ——男性の場合はどうでしょうか。 「男性だと、1回目の接種では熱が出ることは稀です。2回目の接種で熱が出る人は3、4割ですね。37.5度以上の発熱か、倦怠感などが出るかもしれません。
次のページ
発熱するのは免疫ができている証拠
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事