仕事

「あいつは反ワクチン」職場にまん延する“ワクチン圧力”に震える人たち

新型コロナワクチンにまつわる社内の圧力

ワクチン接種

写真はイメージです。以下同(Photo by photo AC)

 大手住宅メーカー・タマホームで社内に事実上の“ワクチン禁止令”が出されていたと「週刊文春」で報じられた。同社の玉木伸弥社長は「5Gがコロナ感染を引き寄せる」「ワクチンを接種したら五年後に死ぬ」など、ネット上に拡散されている情報を信じ込んでいたという。  その後、プレスリリースにて「新型コロナワクチンを接種しないよう強要している」「新型コロナワクチンを接種した場合、懲戒解雇にすると発言している」という内容については否定、「新型コロナワクチンの接種につきましては、個人の判断に委ねております」と発表した。  ワクチンにまつわるハラスメントが世間で問題視されるなか、大きな注目を集めた出来事だが、ワクチンの接種は“あくまでも自由”としながらも「社内で圧力を感じている」という人たちも少なくない。

「あいつは反ワクチンだ」と陰口を叩かれる

「あくまでも自由なんですよ。なのに社内では“あいつは反ワクチンだ”と陰口まで叩かれています」  リモートワークの合間にビデオチャットを通じて取材に答えてくれたのは、東京都内の会社に勤める坂井和彦さん(仮名・30代)だ。坂井さんの会社では今年6月ごろから、ワクチンの「職域接種」が始まった。だが、坂井さんはまだ1度目の接種も受けていない。 「私はインフルエンザの予防接種だって、毎年欠かさず受けています。ですが、新型コロナのワクチンは、さまざまな資料や報道を見ましたが、やはり安全性という点で疑問が残ります。だから今は打たない(様子を見ている)、というだけ」(坂井さん、以下同)  職域接種が始まる直前、坂井さんが所属する部署の部長と二人の副部長がやってきて「ワクチン接種が始まるが、強制するものではない」と告げた。  部署内の空気は、ワクチンについて「5G受信するんじゃね?」という、ネット上で拡散されたデマを逆手に取った冗談さえ飛び交うほど、のんびりとしたものだった。
次のページ
口では「君の自由だから」と言いながらも…
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事