ニュース

パチンコとタバコ。未来の客と今の客を巡る業界の現実

2020年4月1日から禁煙になったパチンコ店

パチンコ

電子タバコに限って、座席に座って打ちながら座ってもいいと告知するパチンコ店は多い。写真は本文とは関係ありません

 緊急事態宣言もまん防も出ていない日々は、実に久しぶり。これでホールに客が戻ってくるかどうかは微妙なところですが、宣言発出中は基本的に広告宣伝が自粛されていたこともあるので、少なくともホール側の煽りはうるさくなりそうです。個人的には過剰に煽るようなホールはそうでもしないと客を呼べない理由があると思っていますので、できるだけ近寄りませんけど。  そういえばコロナ禍の影響であまり大きな話題にならなかった感もありましたが、昨年の4月1日には改正健康増進法(+東京都受動喫煙防止条例)が全面施行されました。これで屋内が原則禁煙になったわけです。また女性客の取り込みのために空調設備を重視するホールが増えた結果、最近ではタバコの煙がそれほど気にならなくなっています。  もちろん隣で吸われたらさすがに煙くなりますが、それも分煙ボードの設置や台間の換気装置などの新しい設備によって減少。それがコロナ禍という社会情勢の中でメリットとなり、業界団体では「パチンコホールの換気実証実験」なんていう動画を作成してホールは密になりにくい環境だとアピールもしています。

全面禁煙で客離れが懸念されたが……

 ただ業界団体が作成した動画中にも「もともと喫煙者の比率が高い」のがパチンコ・パチスロファンというもの。禁煙化によって客離れが加速するのではないかと、業界側が危惧は当然であり、行政側に働きかけを行ったりもしていました。  それでも社会的な意識の変化には逆らえず、店内に喫煙室を作ったり店外に喫煙所を作ったりと、できる限りの対策を行うのみ。そして全面禁煙に備え、実際にどうなるのか戦々恐々としていたところだったのですが……。  ちょうどコロナ禍とタイミングが重なり、昨年の4月から5月の連休にかけて最初の緊急事態宣言が発出。その期間中はほとんどのホールが営業を自粛し、そのダメージを引きずる形で今もコロナ前ほどの客数には戻っていません。いくつかのホール店長に禁煙化の影響を聞いても、コロナで正確なところはわからないという声ばかり。
次のページ
喫煙OKのパチンコ店のなぜ?
1
2
勝SPA!
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠