ニュース

震災報道には理屈よりも現場感に好感

◆震災記事[ベスト&ワースト]大賞【6】

『AERA』から『アサ芸』『東スポ』までスゴい記事&バカ報道を総まくり

「放射能がくる」の表紙がヒンシュクを買った『AERA』、「煽らない」を売り文句にしていた『週刊ポスト』など、いろいろあった震災報道。あれから4か月が経った今、日本社会の混乱ぶりを振り返る意味も込め、6人の目利きにベスト&ワールド記事を選んでもらった

久田将義

67年生まれ。『実話ナックルズ』(ミリオン出版)発行人。『選択』『週刊朝日』編集部に在籍経験も。抗議との闘いを綴った著書『トラブルなう』(ミリオン出版)が発売中

理屈よりも現場感。
そういう記事が読み
たいし作りたいですね


【選者】久田将義

『ダークサイドJAPAN』などの雑誌を数多く手がけ、現在は『実話ナックルズ』発行人を務める久田将義さん。編集者の立場から「これはよく取材したなと思います」と、まず挙げたのは「防護服の背中に書かれた『御国の為にがんばりやす』」(『週刊新潮』5/26号)だ。

「原発作業の実態ルポですが、この人をよくつかまえたな、と。僕も今、別の原発労働者と連絡取ってるんですが、過酷な現場の様子がわかる。こういう人たちの声こそ伝えなきゃいけない。写真もインパクトありますし、地道に取材した、いい記事だと思います」

 同様に「原発マネーに群がった政治家・学者・マスコミ」(『週刊現代』5/21号)も「週現だって多少はスネに傷あるでしょうに、あえてやったのは意義がある」と評価。また、震災が暴力団関係者に与えた影響と被災地への救援活動を報じた「その時ヤクザはこう動いた!」(『アサヒ芸能』3/31号)もベストに選出された。

「さすがアサ芸というか、アサ芸が報じるから意味がある、みたいな。タイトルもいいですよね(笑)」

 ほかにも『週刊プレイボーイ』や小誌の記事は「全体的に好感持ってます」という久田さん。

「アサ芸にしろ週プレにしろSPA!にしろ、上からモノを見るんじゃなくて、斜め下からというか地を這いながら見てる感じが好きですね。理屈よりも現場感。そういう記事が読みたいし、自分もそういう記事を作りたいなと」

◆ベスト記事

防護服の背中に書かれた『御国の為にがんばりやす』」(『週刊新潮』5/26号)
原発マネーに群がった政治家・学者・マスコミ」(『週刊現代』5/21号)
その時ヤクザはこう動いた!」(『アサヒ芸能』3/31号)

『週刊新潮』5/26号

『週刊新潮』5/26号より。防護服の背中の「御国の為に」は「皮肉の意味を込めて」「自虐的に書いている」という


『週刊現代』5/21号

『週刊現代』5/21号より。とりあえずタイトルのデカさがすごい。「電力会社に天下った経産官僚一覧」も掲載する



 そんな久田さんが選ぶワーストは「全土消滅 昭和消滅 神様消滅 独立独歩」と題した藤原新也の写真ルポ(『AERA』4/11号)。

“コレ絵的にいいんじゃね?”って撮っちゃった、みたいな感じ。そうじゃないでしょ、と。ここで人が死んでるわけじゃないですか。しかも、変な詩みたいなのが添えられてて。意味わかりませんね」

 報道じゃなくて芸術なのかも!?

◆ワースト記事

全土消滅 昭和消滅 神様消滅 独立独歩」(『AERA』4/11号)

『AERA』4/11号

『AERA』4/11号より。「啼き騒ぐ鳥山の下にヒトの死臭あり」「ヒト殺した神だけが生き残る無法地に氷雨」って?


ハッシュタグ




おすすめ記事