お金

手取り年収500万円台の54歳男性が、資産運用開始から4カ月でFIREできた理由

FIRE達成の前後で生活に変化。好きなことに時間が使える

Aさん

自由な時間を満喫するAさん

 FIREの達成前と達成後で生活に変化が起きたそうです。いちばん大きく変わったのは「朝の過ごし方」だと言います。会社員時代は6時に起床して7時には出勤するために家を出ていました。  FIREを達成してからは、朝は8時に起きて、ゆっくりコーヒーを飲みながら、経済情報の新聞やWebメディアをウォッチ。自分の資産の管理をしているそう。FIREの醍醐味は自由な時間を満喫できることです。  Aさんの月の支出は約30万円で、米国株の4%ルールの切り売りと配当金で生計が成り立つ。 【参考記事】⇒「FIREを達成して贅沢な暮らしがしたい人たち」の大きな勘違い  すでに完全FIREを達成しているのですが、それでも“やりたい”好きな仕事としてFFCで講師を務めております。  いわゆる会社員の仕事とは違って、オンラインで隙間時間に働くことができる。  FFCの仕事とその他の収入を合わせて、月30万円の収入があるので、米国株の資産切り売りはまだ一度もしておらず、今後も当分する予定はないそうです。 Aさん FIREとは自由な時間を過ごすのが目的なので、仕事が好きならば仕事をするのも幸せな時間です。もちろん、仕事以外に友達と会ったり趣味のギターを弾いたり毎日が充実しています。要するに仕事をしても、まだ時間が余っている状態なのです。

成功の近道は「堅実な運用と正しいFIREマインドを学ぶ」

 現在、AさんはFFCで講師業の仕事をする傍ら、夢中になっているのがSNSでの情報発信です。  内容は、FIREについて。今の時代はコンテンツ最盛期なので、SNSの発信で誰かの役に立ち、ゆくゆくはマネタイズに繋がれば!と思っているのだとか。  こちらも自己流でやっていても伸びないので、ビジネス講座に入会してマーケティングを日々学んでいるそうです。  最後に読者の皆様へのメッセージをうかがったところ、次のように話します。 「FIREは人によってスタイル、タイミングは様々です。基本は固定費を上げないことと、正しい金融知識を身に付けて堅実に運用することです。自己流で学んでいても上手くいかないと思います。自分では上手くいっていると思っても経験ある人から見ればロスしている場合も沢山あります。  結論としては、最初の自己投資を惜しまずに堅実な運用と正しいFIREマインドを学ぶことが成功への近道だと思います。手取り年収500万円でもFIREして第2の人生を歩めるということを今後も伝えていきたいです」  今回はAさんのインタビューを記事にしましたが、Aさんより年収が高くても会社を辞められずにFIRE達成できていない方も沢山いらっしゃいます。私の記事が多くの方の目に留まり、FIREを達成するためのマインドチェンジのキッカケになれば幸いです。 <取材・文/山口貴大(ライオン兄さん)>
次のページ
Aさんのインタビュー動画はコチラ
1
2
3
4

【6月25日(土)ライオン兄さん無料ウェビナー】
資産運用初心者必見!将来に備える「セルフ年金」複利で5000万円つくるには?

●配信日時
2022年6月25日(土)15:00~16:00
*視聴はZoom形式
*Zoomは顔出し必須です(マスク着用可)
*未成年者の参加・お申し込みはできません。
*上記の日時に参加できない場合も、アーカイブ動画(録画)をご視聴いただけます。

●詳細&お申し込みはコチラから→https://ex-pa.jp/item/41010
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ