ニュース

パパ活で3億円荒稼ぎ…「頂き女子りりちゃん」“信者”も逮捕。詐取マニュアルに従った騙しの手口とは

頂き女子からバラまかれる詐取マニュアル

頂き女子りりちゃん

「頂き女子りりちゃん」こと渡辺容疑者。本人のYouTubeより

 2023年8月23日、愛知県警中署は恋愛感情を利用して現金を騙し取る手口を記載したマニュアルを販売したなどとして、住所不定、東京都新宿区歌舞伎町のソープ嬢・渡辺真衣容疑者(25)を詐欺ほう助の疑いで逮捕した。渡辺容疑者は「間違いない」と容疑を認めている。  渡辺容疑者は「頂き女子りり」の名前でSNSやユーチューブでも活動。これまでにパパ活で3億円騙し取ったと豪語し、『りりちゃん魔法完全攻略マニュアル』『頂き女子の参考書~お金を頂くための設定と極秘会話術~』『1カ月1000万頂く頂き女子りりちゃんのみんなを稼がせるマニュアル』という詐欺マニュアルの電子データを販売。これを2冊2万8000円で購入した信奉者の1人が名古屋市中区の女子大生・家田美空被告(20)だった。  家田被告は2人の男性から計1062万円を騙し取り、「うまくいきました」と渡辺容疑者にDMで報告していた。渡辺容疑者も家田被告に電話でアドバイスしていたという。

21万→300万。騙し取る金額は増え続けて…

 家田被告はスマホを2台使い、1人2役で別々の人間を演じ、ターゲットにした男性には「村上かな」と名乗って近づいていた。  愛知県知立市の会社員の男性(43)はマッチングアプリで「村上かな」と知り合い、同居をほのめかされるなどして、恋愛感情を抱いた。  すると、「村上かな」から「同居している友人に家賃を3カ月分滞納しているのを肩代わりしてもらっている。これを支払わないと同居できない」などと言って、21万円を振り込ませた。このときは友人の名前として、本名の家田美空名義の口座を振込先に指定していた。  さらに「大学の入学金を家田に借りている。70万円を返さないと、同居できない」とウソをつき、70万円を騙し取った。  被害者が疑わないことをいいことに、「私が家田の保証人になっており、180万円返さなければならなくなった。AVに出ないと返せない」と泣きつき、その金も騙し取った。  その後、本名の家田美空の名前で「責任を感じたかながAVの契約書にサインしてしまった」などとウソのメッセージを送り、動揺している被害者に対し、再び「村上かな」に戻って、「違約金を払う方向で考えています。300万円あれば助かる」などとLINEし、その金を騙し取った。  ここらが潮時と考えた家田被告は、「かなが拉致された」というメッセージを送り、それっきり連絡しなくなった。

詐欺マニュアル

次のページ
60代男性も同じ手口でターゲットに
1
2
おすすめ記事