お金

日本馬以外の有力馬は? 競馬の祭典「ドバイミーティング」の馬券戦略

世界でも有数の競馬の祭典ドバイミーティング

ドウデュース

昨年は無念の出走取消。リベンジに挑むドウデュース 
写真/橋本健

 今週末にはドバイで6つのG1競走を含む9つの重賞レースが行われます。これは先日行われたサウジカップデーやロイヤルアスコット開催、凱旋門賞ウィークエンド、ブリーダーズカップ・ワールド・サラブレッド・チャンピオンシップ、香港国際競走と並ぶ世界有数の競馬の祭典。日本からも多くのトップホースが参戦する事で話題を呼んでいます。  今回の記事では日本で馬券が発売されるドバイゴールデンシャヒーン、ドバイターフ、ドバイシーマクラシック、ドバイワールドカップの4つのレースの見どころについて解説をしていきます。ぜひこちらの記事を参考に、今週末のドバイミーティングを楽しんでみてください!

日本にとって高い壁/ドバイゴールデンシャヒーン

 馬券発売が行われるレースで最初に開催されるドバイゴールデンシャヒーン。しかし、当レースにおいて日本馬はこれまで1勝もあげることが出来ていません。  2014年以降、コロナにより開催がなかった2020年を除く9回の勝ち馬の内5頭がアメリカ馬。現在日本で父として活躍しているマインドユアビスケッツなどがいます。また、残り4頭の内のエックスワイジェット、スイッツァランドの2頭はアメリカ生産馬。実質9頭中7頭がアメリカ馬と言えます。  ダートの本場アメリカのレースは前半からハイペースで飛ばし、どれだけ粘り込めるかという競馬のスタンス。そのため特に短距離路線ではアメリカ馬が作るハイペースが強烈で、追走スピードについていけない馬がドバイゴールデンシャヒーンでも多く見られます。  今年出走の日本馬でもっとも注目を集めるのはリメイクでしょう。前走はサウジアラビアのリヤドダートスプリントを勝利。昨年3着の雪辱を果たしました。ただし、昨年のドバイゴールデンシャヒーンは5着。今年もアメリカ馬が数多く参戦しており、末脚が武器のリメイクにとって追走で脚を削がれないかがポイントとなりそうです。
次のページ
昨年の忘れ物を取りに再びドバイの地へ
1
2
3
勝SPA!
おすすめ記事