恋愛・結婚

指1本で8万円! 風俗ボッタクられ事情

なぜか大当たりよりもハズレの体験談で盛り上がってしまう風俗ネタ。俺はブスが……、俺には化け物が……と口を開けば盛り上がる。そんな風俗大ハズレ体験談を集めてみた。

◆殴られ、ボラれ、手を抜かれ踏んだり蹴ったりなプレイ

風俗 風俗ハズレ体験をリサーチしていくと、話が違うケースは、なにもルックスだけではない。

「セクキャバの女のコに『指入れていい?』と聞いてみたら、ちょっと考えて『いいよ』って言うもんだから、ホジリまくったんです。そしたら帰りに、『お客さん、指入れしてましたよね? ウチは指入れ禁止です』って。『だって、女のコがOKっ……』と言い終わる前に顔面パンチされて、8万円取られました」(自動車販売・39歳)

オプション行為を求めた以上、その対価を請求されるのもやむをえないが、指一本が8万円とは、なんとも高い授業料である。

そんな男子の抑え切れない性欲を刺激することで稼ぎを狙うのが、いわゆるタケノコ剝ぎ。

風俗「2000円ポッキリと言われて真っ暗な店内に入ると、ズボンの上からチンコをさすりながら、フェラが5000円で素股が1万円と言う。追加料金を払いたい気持ちをぐっと抑えていると、便所掃除用のゴム手袋で手コキをされながら『次のお客さん待ってるから、早くイッて』と言われました」(証券・34歳)

さすがは証券マン、見切り千両、損切り万両、相場の格言どおりのタフなハートである。片や、同様のタケノコパターンで4万円を払った男性の末路は悲惨である。

「1万円でフェラ、2万円で素股、3万円で本番、4万円で生ハメって言うから、段々思考力が低下するんですよね。オークション会場で競り合っているような高揚感というか……。いつのまにか生ハメしてました」(飲食・37歳)

結局、後日コンジロームと淋病感染が発覚したそうだ。

イラスト/子原こう
― [風俗大ハズレ体験]地獄変【3】 ―




おすすめ記事