R-30

若者の「痛風」患者が急増中

仕事もプライベートも何かと忙しい30代。しかし、「忙いから」と健康を疎かにしていると、気がついたときには「すでに時遅し」となりかねない病気にかかってしまうことも。日常生活で見過ごしがちな“体の異変”を察知できるかが大事になるのだ。死には至らなくとも、30代が気をつけたいヤバい予兆とは?

◆足の親指の付け根やくるぶしが痛い、耳や肘、アキレス腱などにしこりがある ⇒ 痛風の可能性

平石貴久医師

平石貴久医師

 かかったらといってすぐさま死に至るわけではないが、「最近、若い人の間で急増しているのが痛風です」と指摘するのは平石クリニック院長平石医師。気になる痛風の予兆は? 

「足先が痺れたような感覚に陥り、次第に些細な衝撃でも痛みを感じるようになります。これは血液中の尿酸が増え、関節の部分で固まり、そのせいで動くたびに関節に痛みを感じる病気です。ひどくなると小石を踏んだ程度でも激痛を感じるようになったり、靴を履くこともできないほどの痛みを伴います。『痛風』という名前の由来は、『風が吹いたくらいの刺激でも痛みを感じる』ということからきているぐらいですから」

 初めて痛風になった人は、「骨折したのではないか?」と勘違いするほどの痛みだという。また、耳や肘、アキレス腱などにできる小さく硬いしこりが診断の助けになる。症状がひどくなると、歩くことさえままならなくなる痛風だが、その病気の原因は、食生活の変化が大きく影響している。

「日本では以前この病気にかかる人はほとんどいなかったのですが、ここ数十年、肉中心の食事やジャンクフードなど、だいぶ欧米型の食生活に変わってきてしまいました。その結果、若い人にもこの病気の人が増えたんですね」

 できることなら未然に防ぎたいが、自分でできる対処法は?

「やはり食生活の改善を心がけましょう。基本的にはプリン体の多い食べ物を取らないように注意すること。例えば、ビール、牛肉、豚肉、モツ煮込みなどはできるだけ避けたいもの。肉なら、鶏のモモ肉のほうがいい。また、とんこつラーメンなんかもダメですね」

 高プリン体食品を避け、アルカリ性食品(乾燥ひじき、キャベツ、豆腐、大根、ミカン、ホウレンソウ、ゴボウ、キュウリ、フキ、春菊など)や、抗酸化食品(カボチャ、トマト、ピーマン、ブロッコリー、小松菜、シソなど)を多く摂取するように心がけたい。

【平石貴久医師】
平石クリニック院長。東京慈恵会医科大学卒業。専門は内科、循環器科、スポーツ医学など。著書やメディア出演も多く、8月22日には『名医が教える病気にならない健康の新常識』(あさ出版) が発売予定

― 30代[死に至る病]の微妙な兆候【13】 ―

名医が教える 病気にならない 健康の新常識

新しい常識を叩きこめ!




おすすめ記事