デジタル

「mixiは生活密着型のSNSを目指すべき」山本一郎氏

度重なる改変に戸惑うユーザーがいる半面、いまだ20代女子の支持を得る巨大SNSを考える

◆劣化コピーはもうやめろ!生活密着型のSNSに

山本一郎氏

山本一郎氏

 mixiへの愛憎入り交じったエントリをブログに多数投稿している山本一郎氏に、mixiが今後とるべき策について聞いてみた。

「mixiの中の人がいろいろと試行錯誤しているのはわかるんですけどね、統括がうまくいっていない感じがしますね。だから、次々と個々に新しいビジネスは始まるものの、mixi全体の復活に繋がっていない。日本でSNSを使っている人数って実はそんなに多くなくて、ツイッターがはやればツイッターに集まり、フェイスブックがはやったらそっちへ行き、とお客さんを取り合ってるんですよ。なので、mixiは何らかの話題作りをするなどして、離れていったお客さんを戻すことを可及的速やかにやるべきです」

 少し前にmixiがイベント「Campus Summit」とコラボレーションした際の歌「みんなマイミク feat. DJみかん(7)」は、かなり話題にはなっていたが……。

DJみかん

7歳のDJみかんと、大勢のギャルがハイテンションで「アゲアゲ♪」と歌って踊るPVは、一度見たら忘れられない衝撃の映像だった

「あれはもう……、ヤツらならやらかす、という想像の斜め上をいっていましたね。おかげで話題にはなったものの、主にツイッターでバズっただけで終わりました(笑)。せっかくバズったのに、その後、mixiに人が戻ってくる受け皿が何もなかった。YouTubeの再生回数上げてどうすんだ(笑)」

 さらに、山本氏はmixiへの喝入れを続ける。

「ちょうどこの10月に“ユーザーファースト”の施策を打ち出していましたが、もっと早くやるべきでしたよね。相当数のユーザーが以前からmixiに率直な意見を投げていたはず。また、猿マネをしているだけじゃダメ。ツイッターのマネをして“つぶやき機能”を、フェイスブックページに倣って“mixiページ”をと、まんま同じことをしたのでは単なる劣化コピー。これじゃユーザーははやっているほうに流れます」

 では、具体的にどうすればいいのだろうか。

「昔、mixiが提供して盛り上がった日記機能などをそのまま焼き直したところで、今や類似のことがほかでできてしまいます。よそがまだやっていないという意味で、例えば、生活密着型のサービスに特化してくれると嬉しいですね。公共料金が支払えたり、コンビニでできることが全部mixiでできたり。mixi年賀状が出たとき、そのまま公共のサービスが増えればよかったのに」

 最後に山本氏はこう付け加えた。

「みんなあんなにmiximixi言ってたのに見向きもしなくなって冷たいですよね~(笑)。僕はmixi大好きですよ!(笑) 思い描いていたものとは違う明後日の方向に“逝ってしまわれた”からこうやって喝を入れているだけです。早く復活してください、本当」

mixi

しばしば“mixi愛”に満ちたブログを書いている山本氏。mixiの新展開のたびに山本氏が書くのは、もはや風物詩

【山本一郎氏】
イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役、著作家。話題の事象を率直に分析するブログが人気

取材・文・構成/朝井麻由美 アンケート協力/リサーチプラス
― [mixiなくなったら困る? 困らない?]大調査【2】 ―




おすすめ記事