恋愛・結婚

「昔の彼女ってどんな人?」回答次第で印象が変わる

 他人にスゴイと思われたい、一目置かれたい、モテたい……そんな思いは、人間誰しも持っているもの。だが、それがオモテに出てしまうと、途端に「痛い人」になってしまう。

 あなたも実は、陰で「痛男」認定されているかも!? そこで週刊SPA!コラム『痛男!』を連載中の犬山紙子氏監修のもと作成した「痛男(イタメン)検定」に挑み己を知るべし!

※20~35歳の女性200人にアンケート調査を実施。各項目についてOK/NGを判定してもらった。NG65%以上=「痛い」、NG45~64%=「グレーゾーン(人により反応が真逆に)」、NG25~44%=「無傷~浅い傷で済む」、NG25%以下=「基本的には好意的に見られる」

<検定:対話力>…女のコとの会話が一方通行で終わっていないかを診断

Q.周囲は知らないが、あなたの昔の彼女は某美人タレント。さて、女のコに「昔、付き合ってたのってどんな人?」と聞かれたら、どう答える?

【A】「知ってる? 実は○○でさ……」(実名バラす)
【B】「一般人じゃなかったな」
NG, モテ, 女の生態【C】「美人だった」
【D】「忘れちゃった」

 元カノの話を振られたとき、“ダイヤの原石を見抜く目を持っていた自分”をアピールしたい気持ちはわかるが、【A】「知ってる? 実は○○でさ~」は、77%がNG認定。「こんな人と付き合ったら、他人に話してほしくないプライベートなことまでベラベラしゃべりそう」(27歳・監査事務)。

 これに迫る勢いなのが、【B】「一般人じゃなかったな」(NG73%)。

「一見、事実をオブラートに包んでいるように見せかけて『え~、誰なの?』と聞いてほしいのがバレバレ」(犬山氏)。かといって【D】は冷たすぎ。というわけで、ほどよく持ち上げる【C】がスマート。

・最も痛いのは……【A】
・次に痛いのは……【B】
・ベストな選択は……【C】

【犬山紙子氏】
’81年生まれ。エッセイスト。『負け美女』(マガジンハウス)で作家デビュー、女性観察の名手として注目を浴びる。その観察眼を男性に向けたコラム「痛男!」を週刊SPA!で好評連載中。連載を大幅な加筆して再構成した新刊『高学歴男はなぜモテないのか』(扶桑社)も好評発売中

― 女が判定![痛男(イタメン)]検定【12】 ―

高学歴男はなぜモテないのか

心当たりのある方必携!

ハッシュタグ




おすすめ記事