スポーツ

二刀流大谷のお手本! スーパーボウル優勝QBの横顔

ラッセル・ウィルソン,スーパーボウル 現地2日、NFLの年間王者を決める米スポーツ界最大のビッグイベント、第48回スーパーボウルが行われ、シアトル・シーホークスがデンバー・ブロンコスを43-8で下し、嬉しい初優勝を飾った。

 接戦が期待されたゲームは、予想に反し序盤から一方的な展開に。シーホークスが第1Qから猛攻で得点を重ね、スーパーボウル史上2位となる43得点を記録。今季NFL最高のオフェンス力を誇るブロンコス相手にお株を奪う猛攻で、35点差の優勝はスーパーボウル史上タイの大差となった。

 スーパーボウルの名物であるハーフタイムショーでは、先日第56回グラミー賞で最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞を受賞した歌手ブルーノ・マーズが登場。ゲストのレッド・ホット・チリ・ペッパーズと共に圧巻のパフォーマンスを披露し、観客を湧かせた。第2Q終了時点で22-0という一方的な試合展開となっていたこともあり、ツイッター上のファンからは「(ハーフタイムショーが)今日一番の見所だった」「後半はなしにしてブルーノのアンコール公演をしよう!」といった声も挙がっていた。
※「今年は30秒4億円超!スーパーボウルの必見CM」
http://nikkan-spa.jp/580217


 初優勝を飾ったシーホークスを牽引したのが、若きクォーターバック(QB)、ラッセル・ウィルソン。この日も2本のタッチダウンパスを決めるなど活躍し、2年目にして頂点に輝いた。試合後はトロフィーを掲げ「NFL頂点の座を勝ち取って最高の気分だ」とコメントした。

 さて、この若きQBウィルソン。試合終了後には、早速、経済誌『Forbes』電子版に「将来の1億ドル(約100億円)プレイヤー」と称されるほどの可能性を秘めたアスリートだが、実は、野球とアメフトの二刀流で挑戦を続けるマルチ・アスリートなのだ。
※「大谷翔平も真っ青?米国で真の“二刀流”アスリートが生まれる理由」 http://nikkan-spa.jp/554683

ラッセル・ウィルソン,ベースボールカード アメフトで頂点を極めたウィルソンは現在、ダルビッシュ有の所属するテキサス・レンジャーズの野手として、初のメジャー昇格を狙っている。アメリカンドリームを掴んだ天才QBは、しばしの休息を挟み、3月からはじまるマイナーリーグキャンプでMLBに挑戦する。

 米国で高い人気を誇るTOPPS社のベースボールカードにもちゃんと登場しているウィルソン(※写真)。ダルビッシュの応援で春のキャンプに行かれる方は、マイナーリーガー、ウィルソンのチェックもお忘れなく!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=580958

<文/内野宗治(スポカルラボ)>
http://www.sclabo.net/
海外スポーツに精通したライターによる、メディアコンテンツ制作ユニット。スポーツが持つ多様な魅力(=ダイバーシティ)を発信し、多様なライフスタイルを促進させる。日刊SPA!ではMLBの速報記事を中心に担当




おすすめ記事