R-30

口臭にミントは逆効果【美人女医が教える口臭対策】

頬にはほうれい線が深く刻まれ、髪のボリュームは減り、アゴまわりにはでっぷりと肉が乗る……ある日、鏡を見て気づく中年男の現実はあまりに悲惨だ。SPA!は医療の現場に立つ美人女医45人を取材。30~40代の男性が若さを保つための秘訣や女性に嫌われる要因について、頭のてっぺんからつま先まで教えを請うた。

<美人女医に聞いたモテない体の特徴1位・口臭&歯周病>

◆口臭の原因は虫歯、歯周病、内臓疾患だけじゃない!

梯裕恵先生

梯裕恵先生(大学病院勤務・口腔外科)

 大学病院勤務(口腔外科)の梯裕恵先生は、加齢による唾液分泌量の減少も口臭の原因になるという。

「口の中の乾燥は、口臭が強くなるだけでなく虫歯や歯周病にもなりやすくなります。加齢によって口腔乾燥感が出てきたら、耳たぶの少し前あたりや顎の下を指全体で優しく押す唾液腺マッサージをするといいでしょう。唾液が出てくるのが自分でもわかるはずです。また、レモンや梅干しなど、意識的に酸味の強いものを日常的に摂取することでもかなり改善されます」

◆すぐに日常生活に取り入れたい「口臭&老け顔」防止エクササイズ

中田彩先生

中田彩先生(スイート歯科クリニックプラス・歯科)

 歯科医歴13年、スイート歯科クリニックプラスの中田彩先生からは、こんなアドバイスが。

「コーヒーを飲むときにストローを使うと、歯の表面の着色を防げます。また口臭にミントは逆効果! キシリトールなどの虫歯にならない甘みで唾液の分泌を促して口の中を潤すか、氷を口に含んで温度を下げると口臭が和らぎます。食事はよく噛むことを心がけて。老け顔を防ぐエクササイズにもなるから。トイレの個室で舌を上に出したり、あ・い・う・え・おと口を動かすのも顔まわりをほぐすのに効果的ですよ」

― [愛され中年ボディ]のつくり方 【3】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事