SKE48夏の祭典「美浜海遊祭」の裏側にあるそれぞれの人の思い vol.2

 8月4日、美浜海遊祭2014でSKE48のスペシャルライブショー当日。この日は会場がある愛知県知多半島に多くのSKE48ファンが集まってくる。この半島の最先端「羽豆岬」を題材にしたSKE48の歌があり、その歌を愛するファンが「聖地」として多数訪れたことから、地元民によって展望台が再建され歌碑が建立されるという「ドラマ」が生まれた。だが、そのドラマとは多分、歌唱メンバーの大矢真那が歌碑除幕式の翌々日、オフィシャルブログに書いたようなものだ。

――作られたドラマじゃなくて リアルな、生きて暮らすたくさんの人びとが作り上げた生きてる呼吸してる日々。

 この言葉を噛みしめながら、そんなドラマの「作り手」たちの話を聞いた。

⇒【vol.1】はコチラ

東海テレビの稲吉豊プロデューサー

東海テレビの稲吉豊プロデューサー。「推しメンという発想がない。メンバー全体への愛情が強すぎて」と

 最後に話を聞いたのはまさにガチの「作り手」である東海テレビの稲吉豊プロデューサーだ。’10年の「ぶっつけ!」を皮切りに「モウソウ刑事!」「Zeppライブ特番(SKE48に、今、できること)」「SKE48ムスメにいかが!?」「SKE48のよくばり課外授業!」そして、昨年の「美浜海遊祭2013」ライブまで一貫してSKE48の番組を担当してきた。現在は異動して生情報番組「スイッチ!」を担当している。ライブ翌日の8月5日に東海テレビを訪ね、構成・演出上で配慮したことなど聞いてみた。

「留意した点の一つは去年出られなかった研究生チームにも登場してもらうこと。もう一つは、バラエティブブロック(水着ファッションショー)のところでMCを木下有希子さんと大場美奈さんにやってもらうことです」

 木下と大場ならそれぞれ水着で出てもおかしくないメンバー。あえてMCに起用したのはなぜか。

「’14年のSKE48の特徴は、生え抜きメンバーと移籍・兼任組メンバーが一緒になって今のSKEの魅力を作っているところにあると思います。大場さんは昨年兼任、今年からは完全移籍になりSKEを背負って立っている。生え抜きの木下さんとのコンビは今のSKEの象徴になると思いました。(ショーで叩かれる役回りの)かおたん(松村香織)との関係でも、同期の木下さんはざっくばらんに物が言えるし、多少きついことも言っても悪い感じには見えない。大場さんもトークが立つので、おもしろく笑っていただけると思いました」

 大組閣後の新しいSKE48を生え抜きと移籍・兼任のメンバーが手をたずさえてしっかりと作り上げていく。そんな姿を象徴させる2人だったわけだ。SKE48がよりよい方向に伸びていってほしいと願う稲吉氏の気持ちが現れた人選だ。楽曲の演出でも次の点にこだわった。

「去年同様に美浜の美しい夕やけと、『不器用太陽』がシンクロすれば……と思いました。去年の『夕陽を見ているか?』ではわがまま言って、現地の日没時間に合わせた演出をしました。実はAKB48の曲で最初に好きになった曲なんです。美浜でSKEのライブがやれると決まったとき、ちょうどチームEの公演楽曲にもなっていたので、あそこであの曲をメンバーが夕日を受けて歌うことができたら最高だなと思いました」

 ライブの1週間前に一人で小野浦海岸に行き、写真を撮って「この時間ならこの光線が得られる」といった計算までした。しかし、実際は水着ファッションショーの時間が押したりと、うまく夕暮れのいい光の状態と合わせるのに「相当やきもきした」と振り返る。

「『羽豆岬』は地元ゆかりの曲なのでどうしても入れたかった。今年は去年とは違った見せ方ができました」

⇒【vol.3】に続く

<取材・写真・文/竹内一晴 写真提供/東海テレビ(中継機材関連)>

不器用太陽

SKE48の2014年第2弾シングル。2014年2月に行われた、AKB48グループ大組閣後の新体制による勝負作

ハッシュタグ




おすすめ記事