恋愛・結婚

ハメ撮りを楽しむ人々は、どのように相手を見つけているのか?

 世間を震撼させたハリウッドセレブのポルノ流出から約1か月。ハメ撮り最新事情を探ってみた。

 ハメ撮りの最初のステップは、被写体を見つけること。彼女や妻が即OKしてくれれば話は早いが、難色を示されることも。しかし、あきらめるのは早計だ。「スマホの利点を利用して長期戦に持ち込むべき」と語る田中直義さん(40歳・仮名)は、3か月に及ぶ粘り腰で実現にこぎつけた経験を持つ。

カップル「ウチの妻は最初、完全にNGでした。そこで考えたのが普段からスマホで写真を撮り、撮影を日常化していく手段。ちゃんとしたカメラだと構えてしまいますが、スマホなら撮るほうも撮られるほうも気楽。一緒に自画撮りしたり、アプリで写真を加工したりするとテンションが上がります、慣れてくれれば、日常の行為の延長としてSEX中でもすんなり撮らせてくれるようになりましたよ」

 一方、出会い系でハメ撮り相手を漁っているという斉藤直人さん(35歳・仮名)は「『プロっぽさ』を演出することで撮影を了承させるようにしている」と語る。

「出会い系に来るコはそもそもお金目的なので、最初にきっちりとビジネス感を出して金額の交渉をします。今のコはみんな、ハメ撮り写真が流通していることを知っているので話が早い。特に販売の予定はなくても、同意書を事前に用意するほうが逆に相手も首を立てに振りやすいんですよ」

 ちなみにナンパ師・Sai氏によると、ハメ撮りOK女子は3種に分類されるという。

「大きく分けると『一途で男性に尽くすことが好きなマジメ系』、『自己主張の弱い女性』『エロいドMな女性』。まずマジメ系は『ハメ撮りの拒否=愛情の拒否』という図式を作ると断りにくいため、愛情表現の一種として撮影するのがベスト。『自己主張の弱い女性』はMであることが多いのでハメ撮りをソフトSMの一環として位置づけましょう。最後の『エロいM女性』はノリが非常にいいコが多いので、『エロい!』『カワイイよ!』などと褒めながら撮影すると受け入れてくれます」

※9/30発売の週刊SPA!では「進化する[ハメ撮り]最前線」という特集掲載中

<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!10/7号(9/30発売)

表紙の人/山本美月

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事