エンタメ

もしも「アナと雪の女王」が原題のまま公開されていたら…

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その61 ―

 記録的大ヒットとなった、映画「アナと雪の女王」だが、もしこれが原題のまま公開されていたら、どうなっていたか?そりゃ無理というもんですよ。なにしろ原題は「Frozen」ですから。直訳すると冷凍とか、氷結ってことになる、やんわり言って、凍えるよ~って感じですか。 もしも「アナと雪の女王」が原題のまま公開されていたら… 先日、千原ジュニアがラジオで、アナ雪は原題のままがいい、みたいなことを言ってて、話題になっていた。でもね子供に見せる映画で「Frozen」じゃ売れないでしょう。日本は漫画・アニメ全盛で、キャラクター志向が強い。だからキャラクターを入れたタイトルの方がウケる傾向にある。簡単に言うと小説の類はストーリー性重視、漫画はキャラクター重視で、そのキャラクターがひとり歩きすれば、何年でも話がもつことになっている。  戦後はサザエさんに始まり、鉄腕アトム、ドラえもんと、みんなキャラクターがタイトルに入っている。その流れで、子供向けの映画の邦題はキャラクター入れまくりだ。「レミーのおいしいレストラン」なんか、原題はラタトォイユを指すフランス語の「Ratatouille」って、そんなの子供に分かるわけもない。「カールじいさんの空飛ぶ家」なんか「Up」の2文字が原題だから。子供にとっては、なぞかけにしか見えないだろう。  そんなわけで洋画を邦題にするときは、キャラクターを入れたタイトルにしがち。ただ例外もある。原題が登場人物の名前だったのに、分かりにくいから素晴らしいタイトルをつけた作品がある。それが「明日に向かって撃て」だ。原題はカタカナで書くが「ブッチ・キャシディ&サンダンス・キッド」という登場人物の名前だけ。アメリカじゃ素晴らしいタイトルとなって絶賛されている。特にサンダンス・キッドを演じたロバート・レットフォードは、ここからサンダンス映画祭の名を拝借している。  アナ雪は邦題のタイトルが秀逸だったのもあって、日本でも大ヒットになった。ストーリーだけみると、ただの姉妹喧嘩だけど、深みや、緻密さを与えたのは、制作総指揮をしたジョン・ラセターの貢献だとされている。話が長くなるので手短にいうと、ラセターは憧れのウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズに入社するも、体質が古く、CG映画への移行などの意見書などを出していたら、解雇された経歴がある。  失意のなか彼はピクサーの前身会社に入るが、その時、経営サイドにいたのが、スティーブ・ジョブスだ。彼も自分の作った、アップルを追われていた。追われた二人が、ここでタッグを組み、その後、世界的偉人になるのだから、奇妙な巡り合わせですね。  そのラセターの、ピクサーでの活躍はあまりにも有名なのではしょるが、最近になって、その体質の古いディズニースタジオの面倒も見てくれとオファーがあった。というわけでアナ雪制作にあたり、ラセターが提言している、自由に意見を言うミーティング制を導入をした。そのおかげで風通しが良くなり非常に細やかな、深みのある演出が出来るようになった。氷の城を作るシーンなんか、圧倒的ビジュアルインパクトでゾクゾクしましたね。
木村和久

木村和久

 自分を追いだした会社の面倒をみるラセターって、実に素敵な人じゃないですか。ちなみに、ジブリの宮崎駿監督とは、お互い尊敬しあう、もはや盟友って感じだ。仲の良い証にトイストーリー3には、トトロが託児施設のなかで、ちょっとだけ出演している。この話、キャバ嬢にすると、結構ウケるんだよなって、オチはやはりそこでしたか。 ■木村和久(きむらかずひさ)■ トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦。著書に『50歳からのかろやか人生』
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事