スポーツ

日本3大美人都市のbjリーグ・チアリーダー名鑑

 5月に入りプレイオフへ突入、23日のカンファレンスファイナル、24日に行われるファイナルで今シーズンのチャンピオンチームが決まる、日本プロバスケットボールリーグ『bjリーグ』。「ファイナルだけ見ても選手がわからないし……」なんて考えている方、今からでも十分間に合う楽しい見方がありますよ!

 今回は、トップクラスの選手たちの華麗で豪快なプレーはさておき、時には選手よりも輝き、誰よりもチームに熱い応援を送り続ける“チアリーダー”に注目。日本に古くから伝わる「秋田美人・京美人・博多美人」の“日本3大美人”になぞり、注目の3チームをご紹介。その中に自分のタイプのチアリーダーがいたら、ぜひ応援してあげて!

◆くっきり二重にハーフのような顔立ちな秋田美人
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=856219

秋田ノーザンハピネッツチア

秋田ノーザンハピネッツのチアチーム (C)bj-league

 毎年上位に食い込み続ける、プレイオフの常連、秋田ノーザンハピネッツ。そんなチームのチアリーダーたちは、秋田美人の特徴でもある「おっとりした性格」が多いという。チームビジョンとして「子どもたちの夢と憧れの存在になる女性を目指し、広く県民に愛されるチームづくり」を掲げ、そのビジョンに沿ったチアダンススクールも開校。5歳から成人女性まで幅広くチアを教えている。

 今シーズンも、強敵・新潟を下してイースタン・カンファレンス ファイナルに進出。ぜひ彼女たちのパフォーマンスに注目していただきたい。

◆品あり、美肌、京美人
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=856213

 今シーズンはウェスタン・カンファレンス1位でレギュラーシーズンを終了。5月10日のゲームで滋賀に惜敗しカンファレンスファイナル進出は逃したが、最高のパフォーマンスを見せていた京都ハンナリーズ。

 チアダンサー『はんなりん』は、誰よりも前向きなダンサー揃い。京美人らしく、ほとんどのチアダンサーが最高の笑顔をしているのが印象深く、選手の応援も、華やかなダンスもNO.1を目指している。また衣装でも、京都らしく袴をモチーフにしたものや花柄などキュートなデザインで会場を彩る。コートで戦う選手たちを後押しし、ファンの応援をさらに熱くさせ、会場中をめいっぱい明るく楽しく盛り上げるアリーナの女神に注目を!

◆オシャレで人懐っこい博多美人
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=856217

ライジング福岡のチアチーム「RFC」

ライジング福岡のチアチーム「RFC」  (C)Rizing-Fukuoka y.sasaki/bj-league、(C)Rizing-Fukuoka h.syutou/bj-league

 今シーズンはウェスタン・カンファレンス9位に沈んだが、その心に熱い博多魂が眠るライジング福岡。このチームのチアチーム「RFC」は、「子どもたちが憧れる『輝くチアリーダー』を目指して」をモットーに、ライジング福岡の応援はもちろん、地域イベントやパーティーなどでも活躍している。

 また、ジュニアダンススクールを8校も開校させ、子どもたちのための活動も怠っていない。常に明るく笑顔が絶えない「RFC」の虜になってしまうかも?

 もちろん試合の主役は選手たちに間違いはない。しかし、チアリーダー目当てで試合を見に行くのも、立派な(?)バスケファン。日本のバスケットボールを盛り上げるためにも、ぜひ試合会場へ足を運んでみよう!

取材・文/ナノ・アソシエーション




おすすめ記事