雑学

【一人でも社会は変えられる!】韓国の一人デモと大阪のデモ看板

警告看板

吉村智樹氏「そういう問題じゃないだろ(笑)。大阪でも特にディープな西成区ならではの、人間の根源的危機感に訴えてくる、まさに一人デモ看板」

お国柄か、それとも“デモの最終形態(!?)”なのか、単独で主張を訴える人々もいる。韓国在住のK氏(37歳)は韓国の“一人デモ事情”についてこう語る。

「韓国では、集会とデモに関する法律(集示法)の“2人以上から集会・デモに該当する”という規定があるので、管轄区長への申し出等を提出しなければいけません。その点“一人デモ”は集合で行うデモとは異なり、例外扱い。法的にデモが禁止されているような地域でも、単独ならば可能です。最近では時間が合う人同士でシフトを作成する“リレー形式の一人デモ”も増加しています」とK氏。

たとえば9月9日、北京にある北朝鮮大使館前で、韓国人の女子高生が板を掲げて立っていた。板には「北朝鮮の友よ、独島を一緒に守ろう」と書かれ、まさに”一人デモ”である。

 手法は違えど、大阪周辺でも似たような現象が起きていた。

「関西では警告看板に“お節介な一言”がつくのが定番」と語るのは、コラムニストの吉村智樹氏。

「関西は農業など一次産業よりも圧倒的に商業が多いため、昔から“官民”が完全に分離。なので、政治的内容も少なく“俺対お前”が基本概念。『“俺”に迷惑をかけるなよ』という利己的で超現実的な内容がほとんどです」

漠然とした対象に疑問を抱くのも関西圏の特徴だという。

「例えば『未来の○○のため』と言われても『そんなん先のことまで知らんがな!』というのが関西人。ちなみに写真の“西日本内部告発社被害者の会”なる凶暴な名の結社は存在しません。あきらかに個人の妄想、まさに一人デモです(笑)」(吉村氏)

― 多発中!ニッチな[デモ&署名]活動の熱い主張【8】 ―




おすすめ記事