でんしゃにゆられて

いやぁ~、明けましたね!
ウエルカム2016年。

うやうやしく新年のお祝いを申し上げます(*´∀`)♪

昨年は・・・もう昨年か!早っ!
ついこないだなのにビックリだけど
12/28のイベントは沢山の方にタオルをお渡しすることができ、
沢山の方とじゃんけんをして、
本当に楽しい1日でした。

それもこれもイベントに足を運んで下さった皆様、
そしてそれまでの告知をバンバンRTして下さった皆様のおかげです。

本当にありがとうございました!


そして28日にボレ女で福岡へ渡った私は
この機会を逃してなるものかと九州旅打ちツアーを決行!
生まれて初めて会社を6連休したよ(((( ;゚д゚)))アワワワワ
九州なんて、長期滞在なんてめったにできないからね。





29日 ボートレース若松

博多から電車に揺られて黒埼駅へ。
無料バスに乗ってしばし揺られ若松ボート。

曲がり角が来るたび
「若松競艇あと4キロ」
「若松競艇あと3キロ」・・・
とカウントダウンしていく看板がなんともシュール。

周りは工場地帯なのかある意味リアルジブリ。
夢のあるグネグネした機械に囲まれた若松ボートに到着。

ボートレース若松

かっぱくんと写真撮りたかったけど一人だったもんで叶わず・・・

私は驚いた! 1Fの「かっぱ」におじゃましたのだけれど
食べ物も飲み物も安い!! しかもおいしい!
おばちゃんたちいい人!!

2マーク側にはカフェなんかもあっておしゃれでした。

30日 ボートレース唐津

ボートレース唐津

これもツーショット叶わずのか・らっきー。公園スペースの攻撃的なボートと水面際の背の高い植物。

黒埼から博多を通って反対側、東唐津駅までの長旅。
海を車窓から眺めのどかすぎる景色の中、東唐津。



なんもねぇ・・・。



駅からは無料タクシー。
ボートレース場では1000円分の舟券と切符を提出すれば博多からの片道運賃をキャッシュバックしてくれるのがありがたい。

からつはとにかくコンパクト。
初めて行っても場内全く迷わない。

水面際は垣根というか植物が高く育てられていて
私みたいなちびっこはキワで眺められない。チクショウ…

31日 ボートレース福岡

ボートレース福岡

安定のかわいさペラ坊&ペラ美。カート乗りでもあるめっちゃかわいいペラジェンヌ。芝生広場の肉豆腐。

夫と友人と合流してクイーンズクライマックス最終日へ。
もうね、いろんなドラマがあったよね。
優勝した川野選手のはつらつとした爽やかな笑顔、最高でした。
舟券は全額返ってきたけどな!!

1/1 ボートレース芦屋

ボートレース芦屋

アシ夢カフェでは対岸からレースがみられる!でも対岸からだと展開全然分かんない!

これまた電車にコトコト揺られて遠賀川駅へ。
駅からは無料タクシー(ホントありがたい)
芦屋ボート着いたらにゃん子が2匹お出迎えしくれて和んだ~♪

とにかく本当に綺麗でビックリ。
元旦だったもんで振舞い餅もらってラッキー☆
アシ夢カフェも歩いて行けるし、ボートレース場には無料で入れる5階の展望台とかもあって
なんだかとってもいい感じでした。


今回も長くなっちゃったヽ(´Д`;)ノ
楽しすぎた九州4場。それぞれの個性があって楽しかったな。

大村と下関はまたいつか。

※今回驚いたのはこれ。
賽券箱

賽銭箱ならぬ“賽券箱”。江戸川のマッシロー的存在!?

馬場絹依40歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する

馬場絹依の他の記事

2016.01.06

SPA!ボートレース女子部員

白河雪菜 27歳、東京都出身。ボレ女の中心メンバーとして、各種メディアに精力的に出演。元プロ雀士として磨いた勝負勘を舟券テクニックに生かし、初心者の方でも高配当をゲットできるような、わかりやすい舟券テクニックを紹介
小林真希 21歳、大阪府出身。関西有名私大に在籍する秀才ボレ女。大学卒業後の夢はボートレーサー。舟券テクニックはまだまだ初心者でも、同世代の若手レーサーたちの魅力について熱く語っていく予定だ
篠原麻実 26歳、兵庫県出身。「尼崎と住之江を中心とした、地元密着な情報を女子目線で発信したい」という関西超LOVE!な地元愛に溢れたボレ女。キュートで落ち着いた雰囲気から“ボレ女の良心”とも言われる
柴田千恵子 21歳、和歌山県出身。艇界のエース、山崎智也選手を追いかけ続け、「今年は山崎さんの出るレースは全部1着で買い続けます!」と宣言。斜め上をいく発言と天然キャラで人気を集める、現役女子大生ボレ女
馬場絹依 40歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する
増田美由紀 26歳、神奈川県出身。ボートレース唐津でピットリポーターを務めた経歴を引っさげて堂々のメンバー入り。ナイターレースを中心とした“夜のボートレース”の魅力を伝えていきたいとう実力派ボレ女